大学生は浮気しやすい!?女子大生向けに理由を解説します

大学生 彼氏

彼が浮気しないか心配

大学生って浮気しやすいの?

浮気するタイプの男性ってどんな人なのかな

 

大学生になって恋人が出来て、嬉しい反面、相手の変化がすぐ分かるようになると、心配になってくるのが浮気。

「大学生は浮気しやすい」と考えている人も多いようで、本当にその情報が合っているか、気になる方も多いのではないでしょうか。

 

taki
taki

あまり疑心暗鬼になるのは体に良くありませんが、彼の心が浮気に傾いていたら悲しいですよね。

 

ライターのtakiです。

大学生の頃、様々な恋愛模様を見て来ました。

このサイトの管理人は、恋愛に関する悩み相談にも力を入れています。

 

大学生が浮気する理由としてあげられるのは、以下の3つです。

  • 自由が多いから
  • 出会いが多いから
  • いろんなことに興味があるから

 

上記に加えて、この記事を読んでいただくと、大学生の浮気に関するアレコレが一通り分かるように構成しました。

  • 大学生が浮気する理由のご紹介
  • 浮気判定はどこから?
  • お酒の飲み方が問題!
  • 浮気をしたら、罪悪感を覚えることも

彼が浮気しないか心配になっている女子大生向けに、ご紹介していきます。

 

ライターと管理人について

【ライター:taki】
平成生まれ、性別は女です。教員免許取得。
スピリチュアルの世界に片足突っ込んでます。

【サイトの管理人】
元寺院の住職で、僧侶です。都内に在住。
40年以上、多くの悩み相談を有料のみで受けてきました。(このサイトでは無料です)

では、いきます!

大学生が浮気する理由

taki
taki

大学生が浮気する割合は、13%くらいであるという結果があります。

被験者は,大学生・短大生400 名(男性195 名,女性205 名,平均年齢19.09歳)であった。そのうち,浮気経験者は52 名(男性22 名,女性30 名)であった。調査の結果,現代青年において浮気経験率は全体の13.0%,恋愛経験者における浮気経験率は17.4%であった。

青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)- 大学生の浮気経験と浮気行動 –

一般的に、大学生の浮気率は30%くらいと言われています。それに比べると意外と少ない割合です。

 

大学生の浮気の理由として挙げられるものは

  • 自由が多いから
  • 出会いが多いから
  • いろいろなことに興味があるから

以上3つです。

 

項目を分けて、詳しく解説していきます。

自由が多い

大学生は、今までの小・中・高に比べて、校則もなければ休暇期間はとても長く、講義も自由に組めるものがあるなど、とにかく自由が多いです。

taki
taki

自由な空気に身を任せ、恋愛もつい調子に乗って…、という理由から浮気に走る場合が。

一人暮らしだから

一人暮らしは、親の目がないので部屋がどうなっていようと自由です。

また、一人暮らしをすると、人恋しさが芽生えて来るのも大学生。

そのため彼女を呼ぶ以外にも、宅飲みや鍋パーティーで男女問わずいろんな大学生を部屋に連れ込む男子は多いです。

男女問わないので、そこから自然に異性と2人きりになっていたりもします。

彼女がいても、お互いの寂しい感情が同調してつい…、というパターンです。

 

一人暮らしの部屋というのは、話しこむのにも最適な場所なので、サークルやバイト先で知り合った異性と悩みを打ち明けたりや談笑、あるいは「勉強を教えて欲しい」と持ち掛けられていつの間にか…というパターンも。

 

女子側からすると、彼女以外の異性を部屋に連れ込む時点で浮気判定なのですが、男子側からするとこの時点では「浮気ではない」と判断する場合もあります。

浮気判定は、女子より男子の方が甘めです。

時間があるから

空きコマや休暇期間を自由に使えるのも、大学生の特権です。

勉強漬けになる理系大学生であっても、割とサークルには顔を出していたりします。

時間の使い方が上手な大学生であれば、人間関係構築スキルを磨きながらいろんな人と会っています。

時間があって、なおかつ自らどんどん時間を生み出している大学生は、いろんな異性と会う機会が増えるのは自然なことです。

いつの間にか、彼女の知らない間に!?というパターン。

解放感でいっぱいだから

大学のキャンパス内は、空気が「自由」の2文字で構成されている。というくらい、自由な雰囲気が漂っています。

決められたスケジュールではなく、自分で責任を持って時間を舵取りしていくことになるので、受験勉強や高校生活の抑圧から一気に解放された気分になります。

自由なら何をしても大丈夫!ということで…というパターン。

出会いが多い

大学生になると、出会いの幅が一気に広がります。

出会いの幅を広げられるかどうかは、男子大学生にとって死活問題と同じくらい重要なことです。

taki
taki

しかし、加減を知らず、結果として…ということになります。

人が大好き

内気で内向的でも、大学に入ると個性的な人が沢山います。

高校までやりづらさを感じていても、大学生になると人付き合いが楽しくなり、「人間っていいな!」と感じる男子も。

音頭まで取って「自分から盛り上げよう!」というところまでキャラが変わる男子もいます。

そのため様々な人と触れ合うことに抵抗がなくなり、壁がなくなり、無事に彼女が出来ても、その後異性との交友をさらに広げた結果…、というパターンです。

バイト先で

働いている姿というのは、誰でもカッコよく見えます。

特に接客業で上手に仕事を回している男子は頼られますし、同じバイト先の女子から憧れの的になります。

バイトのストレスから、悩みを聞いて欲しいという女子のお願いを断ることが出来ず、気前よく聞いてあげている内に…という男子は多いです。

恋人が同じバイト先でない場合は、男子としては、同じ環境に身を置いて働いている女子の方が話しやすいし、恋人に見せられない弱みを見せやすい、というのもあります。

サークルで

サークル内で付き合っているけれど、その恋人を差し置いて別の女子とサークル内で仲良しに…というのは、男子大学生あるあるです。

略奪や二股などの愛憎劇も日常茶飯事。

サークルの中だと、好きなことが出来るからなのか、普段より開放的・社交的なキャラになる男子が多いです。

インカレサークルでは、他大学から様々なメンバーが参加するので、出会いの幅がさらに広がります。

いろんなことに興味がある

大学生になると、出来ることの幅に自由が加わり、世界が広くなります。

趣味もそうですが、人間関係構築への興味が尽きない男子は多いです。

taki
taki

良い悪いに関係なく、いろんなことにチャレンジしたくなるのです。

誘いは必ず受ける

大学生はとにかく、遊びのお誘いが沢山あります。

サークルの飲み会、団体スキー、ボーリング、文化祭のイベント、カラオケ、バイトの打ち上げ、後輩との交流会などなど。

お誘いを受けたら、とにかく自分の身を粉にしてでも全てに参加。

大学生になるまで割と内気だった男子に、このような傾向が強いです。

彼女はいるのだけれど、せっかく誘われたのだから、彼女を放っておいても自分は参加しよう!となるのです。

そのうちに同級生の異性と2人きりになってしまって、つい…、というパターンです。

人間研究をしたい

「浮気をする人の気持ちって、どんな感じだろう?」という疑問の回答を得るために浮気する大学生もいます。

人間の気持ちに興味がある場合、実験的に浮気をしてみたいと思うのでしょう。

大学生35名を100%とした調査で、26%にあたる9名が浮気願望を持っている、という結果があります。

浮気をしたいと思うかという項目において、男性は9名(26%)がしたい、25名(71%)がしたいと思わない、1名(3%)がどちらともいえないという結果になった。

大学生における浮気観と浮気・被浮気経験との関連

人生は何ごとも経験ですが、自らの疑問解消のために浮気に向かっていくというのは、ある意味ものすごく勇気のある行為かもしれません。

周りも浮気をしているから…

周りの大学生に流されて、浮気をするというパターン。

「大学生は浮気して当たり前」という空気を平気で、自分の中に取り入れてしまうタイプです。

大学生はもう大人ですが、「皆もやっているから、自分も…」という判断基準で動く人もいます。

「浮気願望があって浮気する」人の方が、自分の軸がある行動を取っています。

周りの空気に流されて浮気するのは、日本ならではの同調圧力が作用しているせいでしょうか。

恋愛は、流されてするものではありません!

浮気判定はどこから?

「浮気を許せない」と思う割合は、男子大学生の方が高めです。

浮気は許せるものだと思うかという項目において、男性は13名(37%)が許せる、21名(60%)が許せない、1名(3%)がどちらともいえないという結果になった。一方、女性は11名(37名)が許せる、15名(50%)が許せない、4名(13%)がどちらともいえないという結果になった(図1)。

大学生における浮気観と浮気・被浮気経験との関連

しかし一方、女子と男子の間で、浮気判定の厳しさ度合は異なっており、男子の方が「ここまでなら浮気じゃない」というゾーンが広めです。

浮気の定義に関して、恋人以外の異性と手をつないだり腕を組んだりすることや、恋人以外の異性と真剣に付き合うことなどについて、男性は女性よりも浮気と認知しにくい傾向がみられた。よって、男性の方が、恋人以外の異性との間で行われる行動に対して、「これはまだ浮気ではない」というような甘く考える部分があると考えられる。

大学生における浮気観と浮気・被浮気経験との関連

taki
taki

浮気判定基準が厳しめな女子大学生は、どこまでいったら浮気と判断するのか、以下にまとめました。

2人きりで遊びに行ったら

大学生の多くは、「恋人に内緒で異性と2人きりで会う」という時点で浮気と判断します。

感情面では、恋人以外の異性を好きになった段階で浮気と思っています。

大学生における浮気観と浮気・被浮気経験との関連

では、「2人きりで遊びに行った場合」はというと、男子も女子も、浮気だと判断します。

男子は、恋人以外の異性と2人きりで会うくらいでは、浮気と考えない人が多め。

大学生の内に社会性を磨いておくのに必死になっている男子は、恋人以外の異性と平気で2人きりになったりします。

一方女子は、「遊び」というキーワードがなくても、「2人きりで会ったら」その時点で浮気と考える人が多いです。

遊びに行くとなれば、なおさら。

手をつないだら

「浮気判定はどこから?」の冒頭でも書きましたが、「手をつなぐ」といった軽めのボディタッチは、男子の浮気判定基準には満たないようです。

でも、女子にとって恋人以外の異性と手をつなぐのは、立派な浮気。

女子高出身の女子は、友達同士のハグなど、比較的ボディタッチに寛容なところがあります。

それでも手をつなぐ行為は、友達同士でもあまり行いません。

手をつなぐのは、特別な関係だからこそと捉える女子が多いです。

キスしたら

外国だと、キスは挨拶の一部になっている国もあるので、軽いキスなら恋人以外としていてもあまり浮気とは捉えられません。

しかし、ここは日本。

大学生は、男子も女子も、恋人以外の異性とキスまで行ったら、「浮気だ」と判断します。

中にはキスまで行っても、「肉体関係を結ばなければ浮気でない」と主張する強者男子も。

女子は、ハグはギリギリOKでも、キスはアウトと捉えます。

お酒の飲み方が問題!

飲み会で理性を失ったり、顔が真っ赤になってしまう大学生がいます。

お酒に対する加減が分からず、ついつい飲んでしまうのです。

その結果、気分が高揚しすぎて、右も左も何もかもなくなってしまい、その場のノリで、パーッと!

…という感じに、浮気へ発展してしまうパターンです。

 

飲み会の後は特に、ノリでカラオケや二次会へつながりやすいので、その後三次会と称して彼女以外の女子と2人きりで…ということも。

taki
taki

お酒に飲まれ、ノリに飲まれというのは誘惑しかないのかも。

浮気をしたら、罪悪感を覚えることも

taki
taki

浮気の罪悪感を感じるのは、女子に多い傾向です。

浮気の主な理由は,男性では「性的欲求を満たすため」が多く,女性では「相手の魅力」が多かった。浮気回数は,男女ともに1,2 回が多く,浮気が終わった理由は,女性では「恋人への罪悪感」が最も多かった。

青年期における恋愛と性行動に関する研究(3)- 大学生の浮気経験と浮気行動 –

男子も罪悪感を感じないわけではありません。

気持ちはずっと彼女を思っているのに、性的欲求に負けて浮気をしてしまうことがあります。

その場合は後悔の念に苛まれているでしょう。

まとめ

taki
taki

今回は、大学生の浮気について、主な理由から心理に至るまでご紹介しました。

大学生の浮気の主な理由は

  • 自由が多いから
  • 出会いが多いから
  • いろんなことに興味があるから

でした。

 

浮気は難しい問題ですが、浮気していないのにお互いの疑心暗鬼で関係が壊れてしまうこともあります。

恋人が本当に浮気しているか見極める前に、相手を信じることも大切です。

 

浮気が心配な人は、心配よりも自分を磨いたり、現状を変えようと努めていれば、素敵な彼女でいられます。

きっと浮気と縁はなくなるはずですよ。

 

▽彼氏との交際方法から悲恋まで網羅したまとめ記事はこちら▽

タイトルとURLをコピーしました