大学生が、彼氏と会う頻度はどのくらい?

大学生 彼氏

大学生のカップルは、会う頻度はどのくらいなの?
気になっている大学生のために記事を書きました。

会う頻度と言っても、彼氏彼女ともに大学生活がありますから、いつもいつも会っていられないのが現実です。

男子と女子では、恋愛に対する捉え方が違うので、会う頻度をめぐって揉めてしまうカップルもいます。

会う頻度も大事ですが、一緒にいること「だけ」が目的になるのは、良くありません。
成長も学びもあって、前に進める関係になれたら、会う頻度も意味あるものになるはず。

 

▽より良いお付き合いを応援!「大学生 彼氏」のまとめ▽

ライターと管理人について

【ライター:taki】
平成生まれ、性別は女です。教員免許取得。
スピリチュアルの世界に片足突っ込んでます。

【サイトの管理人】
元寺院の住職で、僧侶です。都内に在住。
40年以上、多くの悩み相談を有料のみで受けてきました。(このサイトでは無料です)

彼氏は彼女と会いたくないの?

大学生の男子は、彼女が出来ても「会う頻度」にあまり重きを置きません。
アルバイトで稼いだり、友達と過ごしたりする方が大事というか、世間の考える「男性としての義務」を、彼女と過ごすよりも重視しています。

男性は女性よりも、社会の厳しい目を向けられる風潮が残っています。
そのため大学に通う男子は、まず就活や将来を意識しながら行動しています。
たぶん、無意識に。
会う頻度とか愛情よりもお金が大切だという考えになっています。

一方女子は、彼氏が出来たらとにかく会いたいですよね。
会う頻度は毎日でも良いし、デートも沢山したいし、彼氏との思い出作りもいっぱいしたい。

女子は彼氏が出来たら「結婚」も視野に入れ始めます。
でも男子は、大学で出来た彼女と「ずっと一緒にいたい」という感覚は薄めです。

大学生のカップルでは、彼氏と彼女の間でこんな価値観の差異が生じているため、揉めてしまうこともしばしば。
彼女からしてみれば、「彼氏は自分のことが嫌いなのだろうか。会いたくないのだろうか」と卑屈になってしまいますよね。

恋愛と、普段のアルバイトや勉強は、切り離して考えるのが一般的です。
男子はどうしても、社会に出るために大学生の間、何が出来るかを重要視します。
彼女のことを放っておいて予定をいっぱい入れているのも、彼女がどうでもいいからではなく「頑張ったら彼女とホッと一息入れたい」からなのです。

わたしのこと、嫌いなんだ!と卑屈になって彼女が彼氏に当たれば、当然揉めます。彼氏は困ってしまうのです。

会う頻度が少ないと感じた場合、女子も「彼氏と会う以外にやるべきことをする」のが大切。
大学生ですから、勉強やサークル、アルバイトなど経験出来ることは経験しておく方がいいです。

彼氏は、彼女に「成長」を求めている部分もあります。
好きだからと言ってベタベタするのではなく、自分を磨くのは大事です。
これは彼氏がいない女子大学生にも言えることです。

男子の「会いたい」と女子の「会いたい」

大学生カップルの恋愛は、男子と女子で捉え方が違います。価値観も違うので、まとめていきます。

男子の恋愛に対する価値観
  • 彼女の存在は大切。でも、結婚を視野に入れているとは限らない
  • 彼女が「成長しているな」と感じると、嬉しい
  • 恋愛も大切にしたいけど、アルバイトや勉強、友達との時間を最優先にする
  • 彼女には癒しを求めている
  • 彼女を守ってあげたい気持ちもあるが、同時に自由になりたい矛盾を抱えている
女子の恋愛に対する価値観
  • 彼氏にとにかく会いたい
  • 結婚を視野に入れている
  • 恋愛が一番大事になって、友達と疎遠になりがち
  • 彼氏が構ってくれないと、心配になって追いかけてしまう
  • 彼氏に対していろんな不満や悩みが出て来て、一人で苦しむこともある

女子はほとんどの場合、彼氏が出来たら依存傾向が強くなります。
一方男子は、依存を嫌います。

女性は男性を束縛したがる傾向が強いので、大学生の男子は、結婚を考えた恋愛をしないことが多いです。期間限定なので、責任も生じずに済むからです。

女子の「彼氏に会いたい」気持ちは、男子の「会いたい」より重くなりがちです。
女子は束縛したい気持ちが強いので、男子は自然と逃げたくなります。
男性はどちらかというと、女性を追いたいのです。女性に追われてしまうのは嫌なのです。

現在彼氏がいて、結婚を視野に入れている女子は、「彼氏に会いたい」比重を軽くする必要があります。
男性は、女性の「何かに没頭している姿」が好きです。

責任を持って自分のことを頑張っている姿を見せれば、彼氏は「成長したなぁ」と認めてくれるかも。そうすると二人の仲は安泰です。
つまり、女子は精神的に自立する必要があるのです。

結婚した後、すぐに離婚するカップルが多いのは、愛情を「価値観を押し付けること」だとか「相手を自分の管理下に置くこと」だと勘違いしているためです。
一緒に居る時間が長くなって、ようやくそれに気付きます。
でもそれでは遅いです。

相手を束縛するのではなく、自分で自分を管理出来ているか。それが大事です。
子供を産んでからでは遅いのです。

大学生のうちに恋愛をしたいと考えている女子大学生は、「彼氏が出来たら、沢山一緒にいたい!」という気持ちを、軽くする必要があります。
会う頻度を気にせず、自分のことを一生懸命やれるかどうかも、恋愛には大事なのです。

ザイオンス効果

「ザイオンス効果」というのは、「単純接触効果」のことです。

何か際立った特徴があるわけでもなく,あるいはこちらから何か主体的な働きかけをするわけでもなく,そして意識的な気づきすらも必要なく,単に同じものに何度も触れることが好意に繋がることもある。社会心理学では,単純接触効果という現象を通して,古くからこの親近性と好意の関係について数多くの検討がなされている。

単純接触効果と無意識─われわれの好意はどこから来るのか─ 川上直秋(日本学術振興会(愛知淑徳大学))

ザイオンス効果とは、会う時間を長くするよりも、会う頻度の多い方が、仲を深めやすくなる効果です。
短時間でも、5分でも10分でも、会う頻度は多い方が、好意を持ちやすくなるということ。

大学生の男子は女子に比べると、そこまで会う頻度を多くしたくない傾向にあります。自分の時間を持ちたい人が多いので、長い時間のデートを、回数を多くして会うのは現実的ではないかも。

たとえ1分だとしても、顔を合わせる日を多くすれば、効果は全然違います。
彼氏候補の男子が居たら、デートに持ち込まなくても日々短時間、顔を合わせるだけでOK。
男子に話しかける勇気のない女子でも、顔を合わせるだけなら出来ます。

短い時間でも、好意を持ってくれる場合は、その後も自分のペースで関係を作っていくことが出来ます。少しずつ話しかければ、少しずつ彼の頭に良い感情が芽生えるはず。

ザイオンス効果には逆もあります。
合わない相手であれば、会う頻度を多くしても好意どころか嫌悪感が増すだけです。

彼氏がいる女子大学生は、会う頻度で揉めることもしばしばです。
会う頻度はそのままに、短い時間に減らしてみたら、彼氏の気持ちも尊重してあげられます。
それでも嫌だと言われたら、相性が合わないのに付き合ってしまったパターンなのかもしれません。

ザイオンス効果は、まだ彼氏彼女の関係でない人に発動する効果です。
彼氏彼女になった後は、自分たちで会う頻度を調整する必要があります。
会う頻度が多ければ良いとは言っても、関係を考え直すことも視野に入れましょう。

遠距離恋愛で会う頻度は?

遠距離恋愛の大学生カップルが会う頻度は、2~3ヶ月に1回が平均的です。

遠距離を続けるには、どうしてもお金の問題が発生します。
会えない期間はアルバイトを頑張る大学生が多いです。
お金を貯めないと、お互いに会えないから。

飛行機や電車賃などを稼ぐために、大学とアルバイト、休みなくこなす大学生もいます。
恋愛のためにつらくても頑張る姿勢を求められるのが、近距離とは違うところ。

遠距離の大学生は、「お互いのためにつらくても頑張る」ので、結婚を意識しているカップルも多いです。
会う頻度はどうしても、近距離の大学生カップルに比べると少なくなるので、続かないカップルもいます。
それでも続くということは、絆が深い証拠。
連絡を取る頻度を、こまめに意識することも重要です。

距離を解消するためのお金なので、ただデートで思い出を作るお金よりも、遠距離の場合は重みが増します。
お金は手段、愛情はそれとは別ということを、遠距離だと強く感じられるはずです。

大学生カップルのお泊まり頻度

会う時間がなく、デートが面倒だと感じる大学生カップルは、そのままどちらかの家に泊まってしまうことも。

大学生のお泊まりは、カップルによって頻度もさまざまです。
週1回泊まることもあれば、2週間に1回、月に1回以下など。

筆者の周辺では、男子は部屋の片づけが面倒なので、そのまま彼女の家に泊まっていたら住んでしまったパターンが多かったです。
一般的に見ると、彼女が彼氏の家に泊まるパターンが約40%で、逆もあるようです。

お泊まりをする場合、彼氏は彼女が手料理を振舞ってくれることを望んでいるみたい。
実際には、彼氏が料理する場合が多いみたいですが。
彼氏の方が、要領が良いのです。

でも彼氏は彼女に癒しを求めています。
お泊まりからの同棲は、そのまま体の関係も視野に入れる男子も多いので気を付けたいところ。
程よい距離感を保って、お泊まりをするのが良いでしょう。

大学生カップルは、会ったら何する?

「愛はお金で買える」と某セレブが発言したことがあります。
愛情とお金を結び付けて考える現代。

実際には、愛情とお金は出処が違うので結びつかないのですが、一般的な大人たちは「結び付く」と勘違いしているので、今のうちから切り離して考えておきたいところ。

大学生カップルは、社会人よりもお金がありません。
会う頻度は多くしていても、アルバイトや大学生活があるので、本格的なデートは月単位で行うのが理想的です。

お金が掛からないデートの代表格は、ずばりおうちデート。
おうちデートは男子が好む傾向にあります。
男子は、彼氏彼女の関係になっても、結婚を意識することは少なめ。
でもセックスはばっちり意識しているので、女子大学生は注意しておいた方が良いでしょう。

その他、公園デートやドライブデート、大学周辺でのデートなどがお金の掛からないデートとして好まれます。

お金を掛けるデートなら、テーマパークや水族館、ショッピングデートなどが外せないといったところ。

デートは、愛情を深めるというよりも思い出作りのためにするもの。
恋愛をするなら思い出より気持ちを大事にした方が良いということも、覚えておきたいですね。

まとめ

恋愛に関しても、会う頻度に関しても、彼氏と彼女では捉え方が違うことが分かりました。

現在彼氏のいない女子大学生も、男子が恋愛をどう捉えているか理解するのは大切です。

恋愛は数をこなせば上手くなると言いますが、男子側の価値観を理解するのは女子には苦しいことです。
少しでも参考になったら嬉しいです。

恋愛において、一番重要なのは愛していること。
でも大人は考えることがいっぱいです。
考えることだけに囚われて恋愛をすると、大事なことに気が付かないまま関係が進んでしまいます。

感情を重視した恋愛を大事にすれば、お互い自然な流れで将来を考える恋愛が出来るはずです。

タイトルとURLをコピーしました