大学生の恋愛の悩みについて。あなたのそれ、本当に恋愛ですか?

大学生 彼氏
ライターと管理人について

【ライター:taki】
平成生まれ、性別は女です。教員免許取得。
スピリチュアルの世界に片足突っ込んでます。

【サイトの管理人】
元寺院の住職で、僧侶です。都内に在住。
40年以上、多くの悩み相談を有料のみで受けてきました。(このサイトでは無料です)

恋愛にもタイミングがある

恋愛のアドバイスって、正直言うと役に立たないと思います。


アドバイス通りに実行して悩みが上手く解決するのかというと、それはその人自身の行動や性格、気持ちなど様々な要因が重なっていくので、恋愛がうまく行くかどうかは、経験と縁によるというのが筆者の考えです。

大学生で恋愛の悩みを持つきっかけというのは、おそらく、周りの大学生が知らない間に同棲していたりとか、急に友達がそっけなくなって寂しいとか、周りの大学生がさっさと恋愛していて自分だけ取り残された気がするとか、そんな感じだと思います。

確かに恋愛というのは良いものなのですが、恋愛を求めすぎると悩みが増えるだけです。


筆者は愛が大事だと思っているので、あからさまに恋愛目的で合コンに行ったりサークルに入ったり、ガツガツ貪欲に行くよりも、自分の周りにある大切なことに注力していれば、縁は巡って来るものだと思います。
悩みを抱いて足掻くよりも。

一夜限りとか、一時的な恋愛経験だけでいいというなら、恋愛をガツガツ探していくのも良いと思いますが、一時的でない恋愛を望むのならそういったガツガツをする暇があったら自分磨きとか、やるべきことに注力していた方が良いです。悩みがあったら外側でなく内側を改革しましょう。


悩みで歩みが止まる人もいますけれど、時間は有限です。
その間一歩でも前に進めば、いつかタイミングは巡ってきます。

何のために恋愛するの?

恋愛というのは計画通りに行くものでもないし、「彼氏や彼女を持ってマウントする」とか「経験しておいた方がいい」という理由でするものでもないし、「周りが恋愛しているから自分も経験したい」と思う必要もありません。


大学生とか関係なく、大切なものを大切にしていれば、大切な人に巡り合います。

縁は探してもそう簡単に見つかるものではありません。
ガツガツで見つかればみんな縁ある人と一緒になります。
ガツガツしてても見つからないからみんな悩みます。

遊びだったり、一時的だったり、一緒になっても別れたり、悪縁だったり、こんなはずじゃなかったとなったり、結婚したら最悪だったとか、悩み多きものになり、「この人に会えて良かった」と思える縁に出会う確率は、高くはないです。


人生でどのくらい、喜怒哀楽苦しさ悔しさ悲しさ理不尽不条理を経験したかによって、縁というのも変わって来るというか、出会うタイミングが変わって来ると思うので、結局はどれだけ一生懸命生きているかに掛かってきます。


あなた次第です。


苦しい思いをした人はその点敏感になっているので、大事な時に縁を取りこぼすことは少ないでしょう。
これは大学生でもそれ以外でも、身分はあまり関係ない話です。

「周りが恋愛してるから自分も」それで本当にいいのか

ライフステージで、「恋愛しておいた方がいい年齢」とか「結婚しておいた方がいい年齢」とか「子供を作る年齢」とか、いろいろ年齢で左右されて動けばその分、縁も遠のきます。

仕事が始まれば出会いも少なくなるから、大学生のうちに…というふうに、自らの可能性を狭めていると、より縁から遠のきます。

恋愛は周りに流されてするものではなく、心から「恋愛がしたい」と思った時にするものです。
流されるから悩みも増えるんです。

大学生は、出会いの場を作ろうと思えば、その場を作るための沢山の機会に恵まれています。
サークルや合コン、ゼミにアルバイト、学部や研究室、インターンや就活などなど。


人と出会えばその分コミュニケーション能力も上がりますし、とりあえず恋愛の対象として「お付き合いしたい」異性に会う確率も上がります。


恋愛技術や恋愛スキルを身に付けたいなら、大学生ならではの時間の作り方で積極的に行動すべしなのはもちろんなのですが、何度も書きますが、縁に関しては恋愛技術とか恋愛スキルを重視すると見逃がします。
逆に遠回りになって無駄な悩みが増えます。

恋愛に必要なのは学歴でもなければ、地位でもないし、肩書でもなく財産の多さでもなくその人のスキルでもなく、そういうのを全く抜きにしたところの心です。


大学生だからどういう恋愛をすべきっていうのは、ただの固定概念です。
大人になると、「その人のスペックがどうか」と判断してお付き合いに至る場合がほとんどですが(確かに生活能力は必要ですから)、スキルばかりを重視するので心で判断しないためにトラブルも起きます。悩みも多くなります。

女性、特に青年期の大学生だったら「相性占いでどうだった」というのを気にする人もいるかもしれませんが、一番重要なのはお互いの心がどうなって一緒に居たいか、です。

0か、1か

人間の感情というのは、突き詰めていくと快・不快しかないと言われています。
快の感情は、とても大切にした方が良いです。


人間対人間になると、頭で感じている自分と心で感じている自分を、切り離す時があるからです。


相手に気遣って、お世辞だとか、心にもないことを言ってみたりだとか、不快に思っても顔だけは笑顔でいたりとか。
恋愛こそ、心で感じている自分を大切にしなければ、縁も何もありません。
心を大切にしない人は、悩みが解決しない人です。筆者の経験では。

スペックとか、顔立ちとか、体型というものより、心で感じて快か不快かどうか。
快の感情を持って接すれば、相手も快の感情でいてくれるというのが人間です。


そこに何か無理だったり、多少の「不快」が混じれば、当然自分にも相手にも良くないことです。特に恋愛においては。


恋愛は我慢でもないし、相手の自由を奪うことでもない。
「この人と一緒にいる自分はすごい」と、誰かを見下げる為にするものでもないというのは、前の方でも書きました。


恋愛はマウントの道具じゃありません。
大学生でもマウントしたがる人はいますからね。

普通の人間関係では、頭で考えている自分のみになることは日常茶飯事でも、恋愛は特に感情とか心を大切にすると良いので、そこに頭で考えている自分を持ってきては、あまりうまく行きません。


相性というのも、もちろんありますけれど、占いをアテにするより一番は心をアテにすることです。
下手な占いを信じて悩みを増やして病んでもどうしようもないですからね。

恋愛と固定概念

そもそも異性に興味がなかったり、異性との交友が苦手だという大学生は、今まで異性に対して持っていた固定概念を外して、その人といて快と感じるか不快と感じるかを突き詰めて人付き合いをすれば、きっと良い縁に出会えます。


あくまでも筆者の考えですが。

そうすると立場や年齢もあまり関係なくなるので、大学生という枠を越えた人間関係を持つことに抵抗を持つ必要もなくなります。
つまり通っている大学内、知っている大学生とだけで恋愛をしようと限定しなくても良い訳です。


もしかするとあなたにとっての縁は、周りの大学生とのものではないかもしれないし、大学生に限定しないで視野を広げたら出会える確率も上がるかもしれない。
快と思える人と出会えれば、そこから恋愛への道も開けます。


せっかく大学生という立場なのですから、勉強と思って、視野を広げたり、知見を広げたりするのが、まず重要です。

人間に対する固定概念というのは人それぞれ外れにくいとは思いますが、それこそ大切にしたい人に出会えば、偏見や凝り固まった気持ちが変化して、固定概念が外れやすくなります。


人間百通りいれば百通りの見方がある。
固定概念というものは結局なくても良いものです。

悩みの正体はエゴ

恋愛の悩みというのは、主にお互いの気持ちのエゴから生じます。


「自分のことを本当に好きなんだろうか」という疑心暗鬼、恋人が他の人と仲良くしている時に抱く嫉妬、「お前は俺・わたしのものだ」と言わんばかりに束縛したり、相手が振り向いてくれない時の悲しさや怒りや恨みの気持ち。

恋愛を通して学ぶことは、「相手は自分と同じ気持ちでいてくれる人間ではない」ということです。


相手は相手で、自分は自分なのです。
心はその人のもので、自分と同じではありません。

わたしがこう思うから、相手もこう思ってくれているだろうという思い込みは、ただのエゴです。
お互いに快か不快なのか。そのことが分かるのみです。

自分が快であれば、相手も快でしょう。
しかし気持ちの深さまで同じかと言ったら、そうではない。


わたしの気持ちがこうなんだから、あなただってそうでしょ!と押し付けるのではなく、相手のことを尊重し、また相手も自分のことを尊重してくれる関係が愛です。

物理的なものって、反って恋愛に邪魔だと思います

恋愛というのは形の上で何かを送り合うとか、一緒にドコドコに行ったとか、美味しいレストランで夜景見ながらご飯食べたとか、弾みでキスしたりエッチしちゃったとか、そういうことではなく、自分と相手をお互いにどこまで尊重出来て、その上で一緒に居てお互いに心が平穏でかつ成長できるのか、ということです。


大学生では特に、いろいろ遊びたい時期だと思いますけれど、遊びと恋愛は違うということを覚えていて欲しいです。

恋愛の悩みはほぼエゴで、恋愛依存なんかも厄介です。


体でつながれば恋愛だということでもありません。それで悩みを抱える大学生もいることは、悲しいことです。


まずは自分をきちんと成長させる努力をすることで、エゴというのもなくなっていくし、無駄な悩みに苦しまなくて良くなるし、まだ出会いのない大学生も自然と体が恋愛の方へシフトしていくのではないかと思います。


また恋愛は、「いくら相手に貢いだか」ということでもないので、金があればなんとかなると思っている大学生は、注意しましょう。


恋愛占いとかカウンセラーなど、高額でカウンセリングをしようとする人もいます。だから金があれば恋愛出来るわけではないのです。
注意しましょう。


大学生は勧誘にも引っかかりやすい年齢です。
心の隙を狙って付け込んでくる人はいるので、大学生の内に自衛を身に付けておきましょう。

恋愛は、成長機会である

恋愛というのは自分を成長させる機会ですし、気持ちの面での勉強です。
悩みにぶつかって成長します。


あなたの快と不快を見極め、不快ならば「NO」と言える勇気を持つ。
相手が「好きだ」と言ってきても、こちらの気持ちが不快であれば、絶対に「NO」と言いましょう。


逆にこちらが好きでも、相手が快か不快なのかきちんと見てあげることが大切です。
片思いはつらいかもしれませんが、もし相手があなたに対して快でないのに付き合ったとしても、無理が生じて来て恋愛ではなくなってしまいます。

成長する悩みと無駄な悩みは違います。
無駄な悩みは、どこまで悩み続けても無駄です。
恋愛ではどっちも発生する可能性があるので、注意しておきましょう。

もし相手があなたに対して快でいてくれるのなら、今度は自分を見極める。
恋愛したときに、相手のことを何があっても尊重出来るのか。
相手のために悩みを持つのは大切なことです。

恋愛は、お湯を入れて三分で出来上がるものではありません。
大学生はカップ焼きそばとか大好きだと思いますけど、恋愛も即席めんみたいなもんだろーという認識はやめておきましょう。


大学生だからとか、社会人だからとか、そういうところに重きを置くのでなく、あなたが大学生という立場で、どのような恋愛をしたか。


そこだけが、人生に重要なポイントです。

仕事が始まれば出会いも少なくなるから、大学生のうちに…というふうに、自らの可能性を狭めていると、より縁から遠のきます。

恋愛は周りに流されてするものではなく、心から「恋愛がしたい」と思った時にするものです。
流されるから悩みも増えるんです。

大学生は、出会いの場を作ろうと思えば、その場を作るための沢山の機会に恵まれています。
サークルや合コン、ゼミにアルバイト、学部や研究室、インターンや就活などなど。


人と出会えばその分コミュニケーション能力も上がりますし、とりあえず恋愛の対象として「お付き合いしたい」異性に会う確率も上がります。


恋愛技術や恋愛スキルを身に付けたいなら、大学生ならではの時間の作り方で積極的に行動すべしなのはもちろんなのですが、何度も書きますが、縁に関しては恋愛技術とか恋愛スキルを重視すると見逃がします。
逆に遠回りになって無駄な悩みが増えます。

恋愛に必要なのは学歴でもなければ、地位でもないし、肩書でもなく財産の多さでもなくその人のスキルでもなく、そういうのを全く抜きにしたところの心です。


大学生だからどういう恋愛をすべきっていうのは、ただの固定概念です。
大人になると、「その人のスペックがどうか」と判断してお付き合いに至る場合がほとんどですが(確かに生活能力は必要ですから)、スキルばかりを重視するので心で判断しないためにトラブルも起きます。悩みも多くなります。

女性、特に青年期の大学生だったら「相性占いでどうだった」というのを気にする人もいるかもしれませんが、一番重要なのはお互いの心がどうなって一緒に居たいか、です。

0か、1か

人間の感情というのは、突き詰めていくと快・不快しかないと言われています。
快の感情は、とても大切にした方が良いです。


人間対人間になると、頭で感じている自分と心で感じている自分を、切り離す時があるからです。


相手に気遣って、お世辞だとか、心にもないことを言ってみたりだとか、不快に思っても顔だけは笑顔でいたりとか。
恋愛こそ、心で感じている自分を大切にしなければ、縁も何もありません。
心を大切にしない人は、悩みが解決しない人です。筆者の経験では。

スペックとか、顔立ちとか、体型というものより、心で感じて快か不快かどうか。
快の感情を持って接すれば、相手も快の感情でいてくれるというのが人間です。


そこに何か無理だったり、多少の「不快」が混じれば、当然自分にも相手にも良くないことです。特に恋愛においては。


恋愛は我慢でもないし、相手の自由を奪うことでもない。
「この人と一緒にいる自分はすごい」と、誰かを見下げる為にするものでもないというのは、前の方でも書きました。


恋愛はマウントの道具じゃありません。
大学生でもマウントしたがる人はいますからね。

普通の人間関係では、頭で考えている自分のみになることは日常茶飯事でも、恋愛は特に感情とか心を大切にすると良いので、そこに頭で考えている自分を持ってきては、あまりうまく行きません。


相性というのも、もちろんありますけれど、占いをアテにするより一番は心をアテにすることです。
下手な占いを信じて悩みを増やして病んでもどうしようもないですからね。

恋愛と固定概念

そもそも異性に興味がなかったり、異性との交友が苦手だという大学生は、今まで異性に対して持っていた固定概念を外して、その人といて快と感じるか不快と感じるかを突き詰めて人付き合いをすれば、きっと良い縁に出会えます。


あくまでも筆者の考えですが。

そうすると立場や年齢もあまり関係なくなるので、大学生という枠を越えた人間関係を持つことに抵抗を持つ必要もなくなります。
つまり通っている大学内、知っている大学生とだけで恋愛をしようと限定しなくても良い訳です。


もしかするとあなたにとっての縁は、周りの大学生とのものではないかもしれないし、大学生に限定しないで視野を広げたら出会える確率も上がるかもしれない。
快と思える人と出会えれば、そこから恋愛への道も開けます。


せっかく大学生という立場なのですから、勉強と思って、視野を広げたり、知見を広げたりするのが、まず重要です。

人間に対する固定概念というのは人それぞれ外れにくいとは思いますが、それこそ大切にしたい人に出会えば、偏見や凝り固まった気持ちが変化して、固定概念が外れやすくなります。


人間百通りいれば百通りの見方がある。
固定概念というものは結局なくても良いものです。

悩みの正体はエゴ

恋愛の悩みというのは、主にお互いの気持ちのエゴから生じます。


「自分のことを本当に好きなんだろうか」という疑心暗鬼、恋人が他の人と仲良くしている時に抱く嫉妬、「お前は俺・わたしのものだ」と言わんばかりに束縛したり、相手が振り向いてくれない時の悲しさや怒りや恨みの気持ち。

恋愛を通して学ぶことは、「相手は自分と同じ気持ちでいてくれる人間ではない」ということです。


相手は相手で、自分は自分なのです。
心はその人のもので、自分と同じではありません。

わたしがこう思うから、相手もこう思ってくれているだろうという思い込みは、ただのエゴです。
お互いに快か不快なのか。そのことが分かるのみです。

自分が快であれば、相手も快でしょう。
しかし気持ちの深さまで同じかと言ったら、そうではない。


わたしの気持ちがこうなんだから、あなただってそうでしょ!と押し付けるのではなく、相手のことを尊重し、また相手も自分のことを尊重してくれる関係が愛です。

物理的なものって、反って恋愛に邪魔だと思います

恋愛というのは形の上で何かを送り合うとか、一緒にドコドコに行ったとか、美味しいレストランで夜景見ながらご飯食べたとか、弾みでキスしたりエッチしちゃったとか、そういうことではなく、自分と相手をお互いにどこまで尊重出来て、その上で一緒に居てお互いに心が平穏でかつ成長できるのか、ということです。


大学生では特に、いろいろ遊びたい時期だと思いますけれど、遊びと恋愛は違うということを覚えていて欲しいです。

恋愛の悩みはほぼエゴで、恋愛依存なんかも厄介です。


体でつながれば恋愛だということでもありません。それで悩みを抱える大学生もいることは、悲しいことです。


まずは自分をきちんと成長させる努力をすることで、エゴというのもなくなっていくし、無駄な悩みに苦しまなくて良くなるし、まだ出会いのない大学生も自然と体が恋愛の方へシフトしていくのではないかと思います。


また恋愛は、「いくら相手に貢いだか」ということでもないので、金があればなんとかなると思っている大学生は、注意しましょう。


恋愛占いとかカウンセラーなど、高額でカウンセリングをしようとする人もいます。だから金があれば恋愛出来るわけではないのです。
注意しましょう。


大学生は勧誘にも引っかかりやすい年齢です。
心の隙を狙って付け込んでくる人はいるので、大学生の内に自衛を身に付けておきましょう。

恋愛は、成長機会である

恋愛というのは自分を成長させる機会ですし、気持ちの面での勉強です。
悩みにぶつかって成長します。


あなたの快と不快を見極め、不快ならば「NO」と言える勇気を持つ。
相手が「好きだ」と言ってきても、こちらの気持ちが不快であれば、絶対に「NO」と言いましょう。


逆にこちらが好きでも、相手が快か不快なのかきちんと見てあげることが大切です。
片思いはつらいかもしれませんが、もし相手があなたに対して快でないのに付き合ったとしても、無理が生じて来て恋愛ではなくなってしまいます。

成長する悩みと無駄な悩みは違います。
無駄な悩みは、どこまで悩み続けても無駄です。
恋愛ではどっちも発生する可能性があるので、注意しておきましょう。

もし相手があなたに対して快でいてくれるのなら、今度は自分を見極める。
恋愛したときに、相手のことを何があっても尊重出来るのか。
相手のために悩みを持つのは大切なことです。

恋愛は、お湯を入れて三分で出来上がるものではありません。
大学生はカップ焼きそばとか大好きだと思いますけど、恋愛も即席めんみたいなもんだろーという認識はやめておきましょう。


大学生だからとか、社会人だからとか、そういうところに重きを置くのでなく、あなたが大学生という立場で、どのような恋愛をしたか。


そこだけが、人生に重要なポイントです。

これらは完全に他人の意見であり、他人の意見に同調しようとすれば本来縁あるものとかけ離れて行ってしまうからです。

仕事が始まれば出会いも少なくなるから、大学生のうちに…というふうに、自らの可能性を狭めていると、より縁から遠のきます。

恋愛は周りに流されてするものではなく、心から「恋愛がしたい」と思った時にするものです。
流されるから悩みも増えるんです。

大学生は、出会いの場を作ろうと思えば、その場を作るための沢山の機会に恵まれています。
サークルや合コン、ゼミにアルバイト、学部や研究室、インターンや就活などなど。


人と出会えばその分コミュニケーション能力も上がりますし、とりあえず恋愛の対象として「お付き合いしたい」異性に会う確率も上がります。


恋愛技術や恋愛スキルを身に付けたいなら、大学生ならではの時間の作り方で積極的に行動すべしなのはもちろんなのですが、何度も書きますが、縁に関しては恋愛技術とか恋愛スキルを重視すると見逃がします。
逆に遠回りになって無駄な悩みが増えます。

恋愛に必要なのは学歴でもなければ、地位でもないし、肩書でもなく財産の多さでもなくその人のスキルでもなく、そういうのを全く抜きにしたところの心です。


大学生だからどういう恋愛をすべきっていうのは、ただの固定概念です。
大人になると、「その人のスペックがどうか」と判断してお付き合いに至る場合がほとんどですが(確かに生活能力は必要ですから)、スキルばかりを重視するので心で判断しないためにトラブルも起きます。悩みも多くなります。

女性、特に青年期の大学生だったら「相性占いでどうだった」というのを気にする人もいるかもしれませんが、一番重要なのはお互いの心がどうなって一緒に居たいか、です。

0か、1か

人間の感情というのは、突き詰めていくと快・不快しかないと言われています。
快の感情は、とても大切にした方が良いです。


人間対人間になると、頭で感じている自分と心で感じている自分を、切り離す時があるからです。


相手に気遣って、お世辞だとか、心にもないことを言ってみたりだとか、不快に思っても顔だけは笑顔でいたりとか。
恋愛こそ、心で感じている自分を大切にしなければ、縁も何もありません。
心を大切にしない人は、悩みが解決しない人です。筆者の経験では。

スペックとか、顔立ちとか、体型というものより、心で感じて快か不快かどうか。
快の感情を持って接すれば、相手も快の感情でいてくれるというのが人間です。


そこに何か無理だったり、多少の「不快」が混じれば、当然自分にも相手にも良くないことです。特に恋愛においては。


恋愛は我慢でもないし、相手の自由を奪うことでもない。
「この人と一緒にいる自分はすごい」と、誰かを見下げる為にするものでもないというのは、前の方でも書きました。


恋愛はマウントの道具じゃありません。
大学生でもマウントしたがる人はいますからね。

普通の人間関係では、頭で考えている自分のみになることは日常茶飯事でも、恋愛は特に感情とか心を大切にすると良いので、そこに頭で考えている自分を持ってきては、あまりうまく行きません。


相性というのも、もちろんありますけれど、占いをアテにするより一番は心をアテにすることです。
下手な占いを信じて悩みを増やして病んでもどうしようもないですからね。

恋愛と固定概念

そもそも異性に興味がなかったり、異性との交友が苦手だという大学生は、今まで異性に対して持っていた固定概念を外して、その人といて快と感じるか不快と感じるかを突き詰めて人付き合いをすれば、きっと良い縁に出会えます。


あくまでも筆者の考えですが。

そうすると立場や年齢もあまり関係なくなるので、大学生という枠を越えた人間関係を持つことに抵抗を持つ必要もなくなります。
つまり通っている大学内、知っている大学生とだけで恋愛をしようと限定しなくても良い訳です。


もしかするとあなたにとっての縁は、周りの大学生とのものではないかもしれないし、大学生に限定しないで視野を広げたら出会える確率も上がるかもしれない。
快と思える人と出会えれば、そこから恋愛への道も開けます。


せっかく大学生という立場なのですから、勉強と思って、視野を広げたり、知見を広げたりするのが、まず重要です。

人間に対する固定概念というのは人それぞれ外れにくいとは思いますが、それこそ大切にしたい人に出会えば、偏見や凝り固まった気持ちが変化して、固定概念が外れやすくなります。


人間百通りいれば百通りの見方がある。
固定概念というものは結局なくても良いものです。

悩みの正体はエゴ

恋愛の悩みというのは、主にお互いの気持ちのエゴから生じます。


「自分のことを本当に好きなんだろうか」という疑心暗鬼、恋人が他の人と仲良くしている時に抱く嫉妬、「お前は俺・わたしのものだ」と言わんばかりに束縛したり、相手が振り向いてくれない時の悲しさや怒りや恨みの気持ち。

恋愛を通して学ぶことは、「相手は自分と同じ気持ちでいてくれる人間ではない」ということです。


相手は相手で、自分は自分なのです。
心はその人のもので、自分と同じではありません。

わたしがこう思うから、相手もこう思ってくれているだろうという思い込みは、ただのエゴです。
お互いに快か不快なのか。そのことが分かるのみです。

自分が快であれば、相手も快でしょう。
しかし気持ちの深さまで同じかと言ったら、そうではない。


わたしの気持ちがこうなんだから、あなただってそうでしょ!と押し付けるのではなく、相手のことを尊重し、また相手も自分のことを尊重してくれる関係が愛です。

物理的なものって、反って恋愛に邪魔だと思います

恋愛というのは形の上で何かを送り合うとか、一緒にドコドコに行ったとか、美味しいレストランで夜景見ながらご飯食べたとか、弾みでキスしたりエッチしちゃったとか、そういうことではなく、自分と相手をお互いにどこまで尊重出来て、その上で一緒に居てお互いに心が平穏でかつ成長できるのか、ということです。


大学生では特に、いろいろ遊びたい時期だと思いますけれど、遊びと恋愛は違うということを覚えていて欲しいです。

恋愛の悩みはほぼエゴで、恋愛依存なんかも厄介です。


体でつながれば恋愛だということでもありません。それで悩みを抱える大学生もいることは、悲しいことです。


まずは自分をきちんと成長させる努力をすることで、エゴというのもなくなっていくし、無駄な悩みに苦しまなくて良くなるし、まだ出会いのない大学生も自然と体が恋愛の方へシフトしていくのではないかと思います。


また恋愛は、「いくら相手に貢いだか」ということでもないので、金があればなんとかなると思っている大学生は、注意しましょう。


恋愛占いとかカウンセラーなど、高額でカウンセリングをしようとする人もいます。だから金があれば恋愛出来るわけではないのです。
注意しましょう。


大学生は勧誘にも引っかかりやすい年齢です。
心の隙を狙って付け込んでくる人はいるので、大学生の内に自衛を身に付けておきましょう。

恋愛は、成長機会である

恋愛というのは自分を成長させる機会ですし、気持ちの面での勉強です。
悩みにぶつかって成長します。


あなたの快と不快を見極め、不快ならば「NO」と言える勇気を持つ。
相手が「好きだ」と言ってきても、こちらの気持ちが不快であれば、絶対に「NO」と言いましょう。


逆にこちらが好きでも、相手が快か不快なのかきちんと見てあげることが大切です。
片思いはつらいかもしれませんが、もし相手があなたに対して快でないのに付き合ったとしても、無理が生じて来て恋愛ではなくなってしまいます。

成長する悩みと無駄な悩みは違います。
無駄な悩みは、どこまで悩み続けても無駄です。
恋愛ではどっちも発生する可能性があるので、注意しておきましょう。

もし相手があなたに対して快でいてくれるのなら、今度は自分を見極める。
恋愛したときに、相手のことを何があっても尊重出来るのか。
相手のために悩みを持つのは大切なことです。

恋愛は、お湯を入れて三分で出来上がるものではありません。
大学生はカップ焼きそばとか大好きだと思いますけど、恋愛も即席めんみたいなもんだろーという認識はやめておきましょう。


大学生だからとか、社会人だからとか、そういうところに重きを置くのでなく、あなたが大学生という立場で、どのような恋愛をしたか。


そこだけが、人生に重要なポイントです。

これらは完全に他人の意見であり、他人の意見に同調しようとすれば本来縁あるものとかけ離れて行ってしまうからです。

仕事が始まれば出会いも少なくなるから、大学生のうちに…というふうに、自らの可能性を狭めていると、より縁から遠のきます。

恋愛は周りに流されてするものではなく、心から「恋愛がしたい」と思った時にするものです。
流されるから悩みも増えるんです。

大学生は、出会いの場を作ろうと思えば、その場を作るための沢山の機会に恵まれています。
サークルや合コン、ゼミにアルバイト、学部や研究室、インターンや就活などなど。


人と出会えばその分コミュニケーション能力も上がりますし、とりあえず恋愛の対象として「お付き合いしたい」異性に会う確率も上がります。


恋愛技術や恋愛スキルを身に付けたいなら、大学生ならではの時間の作り方で積極的に行動すべしなのはもちろんなのですが、何度も書きますが、縁に関しては恋愛技術とか恋愛スキルを重視すると見逃がします。
逆に遠回りになって無駄な悩みが増えます。

恋愛に必要なのは学歴でもなければ、地位でもないし、肩書でもなく財産の多さでもなくその人のスキルでもなく、そういうのを全く抜きにしたところの心です。


大学生だからどういう恋愛をすべきっていうのは、ただの固定概念です。
大人になると、「その人のスペックがどうか」と判断してお付き合いに至る場合がほとんどですが(確かに生活能力は必要ですから)、スキルばかりを重視するので心で判断しないためにトラブルも起きます。悩みも多くなります。

女性、特に青年期の大学生だったら「相性占いでどうだった」というのを気にする人もいるかもしれませんが、一番重要なのはお互いの心がどうなって一緒に居たいか、です。

0か、1か

人間の感情というのは、突き詰めていくと快・不快しかないと言われています。
快の感情は、とても大切にした方が良いです。


人間対人間になると、頭で感じている自分と心で感じている自分を、切り離す時があるからです。


相手に気遣って、お世辞だとか、心にもないことを言ってみたりだとか、不快に思っても顔だけは笑顔でいたりとか。
恋愛こそ、心で感じている自分を大切にしなければ、縁も何もありません。
心を大切にしない人は、悩みが解決しない人です。筆者の経験では。

スペックとか、顔立ちとか、体型というものより、心で感じて快か不快かどうか。
快の感情を持って接すれば、相手も快の感情でいてくれるというのが人間です。


そこに何か無理だったり、多少の「不快」が混じれば、当然自分にも相手にも良くないことです。特に恋愛においては。


恋愛は我慢でもないし、相手の自由を奪うことでもない。
「この人と一緒にいる自分はすごい」と、誰かを見下げる為にするものでもないというのは、前の方でも書きました。


恋愛はマウントの道具じゃありません。
大学生でもマウントしたがる人はいますからね。

普通の人間関係では、頭で考えている自分のみになることは日常茶飯事でも、恋愛は特に感情とか心を大切にすると良いので、そこに頭で考えている自分を持ってきては、あまりうまく行きません。


相性というのも、もちろんありますけれど、占いをアテにするより一番は心をアテにすることです。
下手な占いを信じて悩みを増やして病んでもどうしようもないですからね。

恋愛と固定概念

そもそも異性に興味がなかったり、異性との交友が苦手だという大学生は、今まで異性に対して持っていた固定概念を外して、その人といて快と感じるか不快と感じるかを突き詰めて人付き合いをすれば、きっと良い縁に出会えます。


あくまでも筆者の考えですが。

そうすると立場や年齢もあまり関係なくなるので、大学生という枠を越えた人間関係を持つことに抵抗を持つ必要もなくなります。
つまり通っている大学内、知っている大学生とだけで恋愛をしようと限定しなくても良い訳です。


もしかするとあなたにとっての縁は、周りの大学生とのものではないかもしれないし、大学生に限定しないで視野を広げたら出会える確率も上がるかもしれない。
快と思える人と出会えれば、そこから恋愛への道も開けます。


せっかく大学生という立場なのですから、勉強と思って、視野を広げたり、知見を広げたりするのが、まず重要です。

人間に対する固定概念というのは人それぞれ外れにくいとは思いますが、それこそ大切にしたい人に出会えば、偏見や凝り固まった気持ちが変化して、固定概念が外れやすくなります。


人間百通りいれば百通りの見方がある。
固定概念というものは結局なくても良いものです。

悩みの正体はエゴ

恋愛の悩みというのは、主にお互いの気持ちのエゴから生じます。


「自分のことを本当に好きなんだろうか」という疑心暗鬼、恋人が他の人と仲良くしている時に抱く嫉妬、「お前は俺・わたしのものだ」と言わんばかりに束縛したり、相手が振り向いてくれない時の悲しさや怒りや恨みの気持ち。

恋愛を通して学ぶことは、「相手は自分と同じ気持ちでいてくれる人間ではない」ということです。


相手は相手で、自分は自分なのです。
心はその人のもので、自分と同じではありません。

わたしがこう思うから、相手もこう思ってくれているだろうという思い込みは、ただのエゴです。
お互いに快か不快なのか。そのことが分かるのみです。

自分が快であれば、相手も快でしょう。
しかし気持ちの深さまで同じかと言ったら、そうではない。


わたしの気持ちがこうなんだから、あなただってそうでしょ!と押し付けるのではなく、相手のことを尊重し、また相手も自分のことを尊重してくれる関係が愛です。

物理的なものって、反って恋愛に邪魔だと思います

恋愛というのは形の上で何かを送り合うとか、一緒にドコドコに行ったとか、美味しいレストランで夜景見ながらご飯食べたとか、弾みでキスしたりエッチしちゃったとか、そういうことではなく、自分と相手をお互いにどこまで尊重出来て、その上で一緒に居てお互いに心が平穏でかつ成長できるのか、ということです。


大学生では特に、いろいろ遊びたい時期だと思いますけれど、遊びと恋愛は違うということを覚えていて欲しいです。

恋愛の悩みはほぼエゴで、恋愛依存なんかも厄介です。


体でつながれば恋愛だということでもありません。それで悩みを抱える大学生もいることは、悲しいことです。


まずは自分をきちんと成長させる努力をすることで、エゴというのもなくなっていくし、無駄な悩みに苦しまなくて良くなるし、まだ出会いのない大学生も自然と体が恋愛の方へシフトしていくのではないかと思います。


また恋愛は、「いくら相手に貢いだか」ということでもないので、金があればなんとかなると思っている大学生は、注意しましょう。


恋愛占いとかカウンセラーなど、高額でカウンセリングをしようとする人もいます。だから金があれば恋愛出来るわけではないのです。
注意しましょう。


大学生は勧誘にも引っかかりやすい年齢です。
心の隙を狙って付け込んでくる人はいるので、大学生の内に自衛を身に付けておきましょう。

恋愛は、成長機会である

恋愛というのは自分を成長させる機会ですし、気持ちの面での勉強です。
悩みにぶつかって成長します。


あなたの快と不快を見極め、不快ならば「NO」と言える勇気を持つ。
相手が「好きだ」と言ってきても、こちらの気持ちが不快であれば、絶対に「NO」と言いましょう。


逆にこちらが好きでも、相手が快か不快なのかきちんと見てあげることが大切です。
片思いはつらいかもしれませんが、もし相手があなたに対して快でないのに付き合ったとしても、無理が生じて来て恋愛ではなくなってしまいます。

成長する悩みと無駄な悩みは違います。
無駄な悩みは、どこまで悩み続けても無駄です。
恋愛ではどっちも発生する可能性があるので、注意しておきましょう。

もし相手があなたに対して快でいてくれるのなら、今度は自分を見極める。
恋愛したときに、相手のことを何があっても尊重出来るのか。
相手のために悩みを持つのは大切なことです。

恋愛は、お湯を入れて三分で出来上がるものではありません。
大学生はカップ焼きそばとか大好きだと思いますけど、恋愛も即席めんみたいなもんだろーという認識はやめておきましょう。


大学生だからとか、社会人だからとか、そういうところに重きを置くのでなく、あなたが大学生という立場で、どのような恋愛をしたか。


そこだけが、人生に重要なポイントです。

タイトルとURLをコピーしました