大学で不登校になっている人向け、支援を行っている所は?

大学生の悩み

大学で不登校になっている大学生向け、支援を行っている所は?

不登校の支援機関というのは様々ありますが、主に小学校から高等学校向けの支援機関が中心で、支援機関と学校が提携して学生を支援する、というのもやはり小学校から高等学校までのことです。

 

大学向けの不登校支援というよりも、大学側が小学生から高校生に向けた不登校支援を行っている、という場合が多いです。

大学生で不登校になってしまうと、大学のカウンセリングルームを使うにしても大学に足が向かないのですから、困難でしょう。

親御さんが困り果てた末に利用するのは心療内科がほとんどですが、心療内科を拒む大学生もいます。

 

大学生向けの不登校支援は、存在するのでしょうか?

 

下記は、青年期の人々に対して、不登校やひきこもりなどの支援を行っている支援機関の一覧です。

もちろん当サイトでもご相談を承っておりますが、公的機関を利用してみたい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

上記にあげた公的支援機関以外にも、民間で不登校支援を行う団体が存在します。

利用する場合には、事前に情報を集めておきましょう。

不登校やひきこもりの人を狙って、「支援」と謳いながら高額な金銭を要求したり、全く違うことをして、不登校している本人と親の心を傷付ける団体が存在するので、注意が必要だからです。

大学を不登校になった体験談

大学2年生のさわっちさん(仮名)にお話を伺いました。

【体験談】大学を不登校になったので、支援機関を使ってみたけど……

両親を恨んでいるので、一人暮らしをしています。

一人暮らしをするまでも、結構大変でしたが、合格発表後すぐにバイトをはじめて、友達の家に泊まるなどしていたら、「勝手にしろ」と言われました。

家賃だけは出してくれています。

 

親と離れたのはいいですが、大学を不登校中です。

親から離れられた満足感と、また大学で勉強しなければならないという重圧と絶望と無気力感からです。

自分でもそれは、はっきり分かっています。

 

親から虐待されていたんです。私。

父親からは暴力、母親からはネグレクトでした。

高校でも上手くいかなくて、不登校気味で、「大学に受かる」こと自体、周りと比べても望めないことでした。

それでも、「このままじゃダメだ」と思って、「自分のようにつらい思いをしている人を助けられるような学科に行こう」と。

今思うと「意識高いな~」と思いますけど、でもそれで頑張って勉強してたので、地味な子ですが、2~3人味方が出来ました。その内の1人が、泊めてくれた友達です。

 

目標の大学に入ってみて、まずショックだったのが、私と同じように虐待をされたり、つらい思いをした人がいないという現実でした。

社会の中でつらい人を支援するための人材育成なんて言っても、集まっている人は妙に自信満々で、鼻高々に意識の高いことばかり言ってて、つらいこととか虐待は本でしか読んだ知識しかない、そんな人たちばかりでした。

中でも、着飾って大人っぽく振舞う人が目障りでした。

こんな人間に囲まれながら勉強したって、一体何が身に付くのだろうと、ガッカリしてしまったんです。

しかも、必修の授業がとても多く、受験勉強明けの身には堪えました。

 

申し訳程度に入ったサークルも、小学生の遠足のような雰囲気で活動している部員の姿が馬鹿馬鹿しくて、ついていけませんでした。

 

1年生の時はまだ、通っていました。シフトは減らしたけど、バイトにも行っていました。

でも日に日に「机上の空論ばかりだ」という思いが強くなって、2年生になってから、だんだん大学に行かなくなりました。

奨学金も危ないとは分かっているのですが、バイトにも行かず、アパートの中で悶々とする日々が続きました。

 

不登校とか問題のある子のための支援機関にメールしてみたり、実際に行ったりしてみましたが、そこの人々も、結局は「虐待を受けたことのない人」で、気持ちを全然汲み取ってくれませんでした。

本当に支援をしたいのなら、まず虐待されてみろと言いたいです。

 

支援と言いながら、理論だけで心と頭では何も理解していない人々に、何を相談しても無駄だし、大学は大学で、理詰めで子供騙しばかり。

私が虐待されていたことを知ってくれている祖父に連絡し、現在は祖父宅にいます。

祖父は都内に住んでいるので。

 

何も考えられませんが、とりあえず休学することになると思います。

たぶん両親には殺されるくらい、どうにかされると思いますが、祖父だって、子供を虐待していた自分の子供に非があると、分かってくれるはずなので、それをアテにしようと思っています。

 

気持ちが回復するなら、新しいバイトくらいは始めたいです。

大学のことは、今は何も考えられないです。

※新規タブでリンクを展開しているため、このタブを消すと、元のページに戻ることが出来ます

 

▽大学生の不登校について、「気持ち別」の解決策や「甘え」の観点から、詳しく解説している記事です▽

女子大学生の不登校、本当に甘えなのか。気持ち別の解決策をご紹介します

 

下記記事では、大学を辞めたい大学生向けに、悩みについて詳しく解説しています。

おすすめ記事:《コロナ禍》大学を辞めたい理由と打開策12選【教員免許取得者執筆】

タイトルとURLをコピーしました