メランコリー

メランコリー。響きは可愛いようですが、実はそうでもなかった?

黒い胆汁。

「メランコリー」という言葉。

一度は耳にしたことのある言葉だと思います。

メランコリックとか、メランコリニスタとか(コラ)

「メランコリー」というその言葉の響きから、何となくメルヘンなイメージを持ってしまうのは管理人だけかもしれませんが、意味は「気分が塞ぐこと、抑うつ状態」といったようなものです。要するに、うつ病のことを指しています。

メルヘンからとっても、遠ざかってしまいましたね;;

さらにこの「メランコリー」。

スペルにすると、Melancolieとなります。Melan=黒い、Colie=胆汁。

そう、「メランコリー」とは、「黒い胆汁」を意味した言葉なのです!

もはや全然、メルヘンではありませんね;;

この「メランコリー」は、古代ギリシアで当時提唱されていた、「四体液説」という概念で使われた、血液・粘液・黄胆汁・黒胆汁のうちの、最後に上げた黒胆汁のことを意味しています。

この四つの体液のバランスが崩れた時に病気が発症すると考えられており、黒胆汁が過剰に増える(と考えられていた)疾患は「メランコリア(Melancolia)=黒胆汁症」と呼ばれていました。

この「メランコリア」が今でいううつ病のことを指しています。

うつ病は、古代ギリシア時代でも既にあったんですね。

もちろんこの「四体液説」には根拠がないため現在は否定されているそうですが、やはりうつ病は、古代ギリシア時代でもはっきり「病」と捉えられていたことからも分かるように、気の持ちようなんかではなくきちんとした心の病気ですから、放っておくと大変なことになってしまうのは明らかです。

きちんとした専門の方、医師の方の治療が必要不可欠なのですが、病院にすら行っていないという方も多いのが現状です。

うつ病は本当に厄介な病気です。

苦しいけど病院には行きにくい、でも話は聞いてほしい

そんな場合はぜひ、都内女子大学生悩み相談室までご相談ください。

 都内女子大学生悩み相談室へ相談予約申込をする