女子大生の就職活動について

大学生の悩み
ライターと管理人について

【ライター:taki】
平成生まれ、性別は女です。教員免許取得。
スピリチュアルの世界に片足突っ込んでます。

【サイトの管理人】
元寺院の住職で、僧侶です。都内に在住。
40年以上、多くの悩み相談を有料のみで受けてきました。(このサイトでは無料です)

女子大生の就職活動について

就職活動に不安を抱える女子大生は多いようです。
「どう働くのか」という考え方の変化も、2020年を境に大きくなりました。
フリーランスで働くことを選ぶ女子大生、起業する女子大生。
「誰と一緒に働くか」よりも、「どの企業でどのように働きたいか」で就職活動をする女子大生が増えていると言います。


就職活動をする上で、自己分析などは一生懸命やった方がいいとされていますが、中には何もしていない人も。
一方、関西圏ではOB、OG訪問をする女子大生が多いとか。


就職活動で一番もらいたくないのが、お祈りメールです。
ここで何社も受けて諦めてしまう女子大生もいれば、折れずに最後の一社で内定を勝ち取る女子大生もいます。
「やめる」ということはいつでも出来ますが、やめないで続けるというのもまたその人の意志です。
もう駄目だと思ってそこでやめるか、やめないかの違い。


内定をもらうことが目標になる就職活動ですが、「どこで働きたいか」というのは重要なので、就職活動で何もしていなければ、企業のことを何も分からないで終わってしまいます。
インターンに参加する女子大生も多いそう。
それと合わせて、ネットで様々情報収集を積極的にすることで、ライバルに負けないくらい企業研究が出来るでしょう。


現代は女性が活躍する時代になって、「大人の女性になったらすぐ結婚」という概念も薄れています。
その代わり、女性が戦う現場というのは、嫉妬や足の引っ張り合いなど粘着質ないやがらせも多いのが事実。
ですので企業研究は念入りにしていった方が良いですし、「自分らしく働く」ためにどんな工夫で競争を勝ち抜くかというのは考えて就職活動した方が良いです。


就職活動はまず、大学生である自分がどんな人間なのかを再確認し、それを踏まえてどんな職種が自分に合っているのか、あるいはどんな企業に就職したいのかを決め、企業について調べ、エントリーシートを書いて応募、面接練習や筆記対策を行う…などなど。大学生の時期に行う就職活動の取り掛かりは、ひとまずこんな具合だと思います。
筆記試験や面接というと、大学生の就職活動に限らず、高校や大学受験の際もこのような試験を行いますので、就職活動ではなくとも、面接経験のある大学生もいると思います。ですが言葉の上では同じでも、就職活動のそれは前者とはかなり異なるものとなって来ます。

就職活動で心を病む

就職活動でお祈りメールが来るたびに精神がすり減る人がいます。
失敗というのは就職活動だけでなく、なんでも物事にはつきものですが、仕事に就けるか就けないかというところ、それと青年期というのが相まって、ダメージもすごくなってしまうのですね。


そういった場合は、少し休憩を取りながらやって行くのが良いと思います。
諦めずに頑張り続けられる人が最後に勝つのですが、頑張り方も「ただ走り続ける」だけではなく、時には立ち止まってみたり、休んでみたりするのも悪いことではありません。


現代の日本人は、立ち止まって考える人があまりいません。
それは、怠けものだと思われてしまうと「悪者」になってしまったと感じるからです。
動き続ける人が良しとされているし、また動き続けることが良いと考えるのが日本人の大半ですが、広い視野で世界を見つめてみると、必ずしもそうでないのが分かります。


人間には休憩も必要です。
考えなしに突っ走り続けるのは、無鉄砲でしょうし生産性も上がりません。
就職活動も同じ。失敗ばかり続いて気分がふさぐなら、「運が悪いんだ」で済ませるのだけではなくて、自分のことを一度振り返ってみる。
本当にこの走り方で良いのか?とフォームから考え直してみる。
そういう時間を設けても良いと思います。

就職活動以外の道

企業に就職するということは、その分自分の体を相手方に拘束させることを許すということです。
「当たり前じゃないか!」と思われるかもしれませんが、逆を言えば、そこまでして拘束されても大丈夫だと思える企業を、しっかり選定して就職活動していますか?ということになります。


内定をもらわなければ意味がないから、選んでいる余地はないと思います。
でも、嫌々ながら受けた企業にたまたま内定をもらって、そこで仕事をしながら嫌な気分で拘束されたいと思いますか?


人生は、企業に就職することだけが目的地ではありません。
就職活動が辛い、心を病む女子大生は一度、立ち止まる必要があるということで、それでも立ち止まらないのであれば、たぶん悪い方向に行ってしまうでしょう。
失敗したら立ち止まるのが基本です。
女子大生は自分の体も、大切にしなければなりません。


女子大生の就職活動を巡って、痛ましい事件も発生しました。
ですから、考える時間というのは必要です。


就職活動以外の道というのは、安定しない道がほとんど。
起業するにしても、フリーランスで働くにしても、アフィリエイトを始めるにしても、収入が安定して軌道に乗るまでには時間と努力が必要です。
投資なんかもそうです。FXに安易に手を出して破産しないようにご注意を。
でも、自分の心を犠牲にして病んでまで仕事をするよりかは、安定しない冒険の道を取っていくというのもアリだと筆者は思います。

保守的になっている

海外勤務を希望する女子大生は減っているようです。海外勤務というと、大手メーカーで海外駐在員になったり、外資系企業に勤めて海外へ、というイメージがあります。
2020年はコロナの影響もあり、海外で働くということに対しての気持ちの変化もあるのではないでしょうか。


航空会社なども、コロナの影響で社員の働き方に変化を加えるなど、既存の価値観、仕事観とされてきたものが大きく変わってきています。
ですから、守りに入るのも分かります。


仕事というのはストレスが多く、ある程度前向きで、時に機械的に、時にバイタリティー全開で、泥とゴミと汚物の中にまみれながらも進む必要があります。
蓮の花は、泥水の中で桃色の綺麗な花を咲かせますが、心を荒ませないで頑張ることの出来る人はなかなかいません。
仕事のストレスで病んでしまう人、人格が変わってしまう人も少なくない。


ですから、就職活動を始める前から、自分なりの仕事観を持っていた方が良いです。時に攻め、時に守ることが出来るように。
全部が全部守りだと前に進みませんが、自分と向き合うための守りは悪いことではありません。


海外というのは日本と文化も違うし、宗教観というのもありますから、日本の価値観だけで精一杯である人にはあまりおすすめしません。
常識を外した考え方が出来たり、いろんな価値観を受け入れられる人、個人的にはIQの高い人なんかは海外勤務に向いているのではないかなと思います。
個人の発言なので責任は持てませんが。


いくら保守的になっても、泥の中を進む必要性というのは人生の中で多く出て来ます。一歩一歩、着実に自分を信じて進むことが大切。
それは女子大生の就職活動にも言えることではないでしょうか。


海外勤務を志望する女子大生は減っていますが、この保守的なご時世、やってみたい人はやってみるのもアリだと思います。
あなたの挑戦は大切な一歩です。

「大卒」の肩書は関係ない

大事なのは、女子大生のあなたが人生で何をして来たかを、自分でもしっかり把握すること。そのために自己分析があります。
就職活動というのは、自分の強みをアピールする場。

失敗しても、きっとその強みを分かってくれる企業はあります。


ですから、失敗したからといって自分の志望でない企業にまで無闇に手を出すとかはやめましょう。
自分が興味を持って仕事が出来そうなところを前提に選んで、それでもお祈りなら、また考えればいい。


みんなと同じではなくていいのです。
あなたにはあなたの就職活動があります。


女子大生で就職活動にお悩みの方のご相談も、受け付けています。

 

▽大学生の悩みに幅広く対応しています▽

タイトルとURLをコピーしました