大学辞めたい程うつ、大学休学で人生終わりじゃない克服法7選

大学行きたくない

現代社会は、自己否定感が強かったり自己肯定感が低い人が多いです。

自分への評価が低いと心が捻じ曲がるので、そのぶん道を間違えるというのが人の行動心理です。

しかし社会はその「間違える」ことさえも厳しく規制するようになりました。

昔なら、道を間違えて捻じ曲がりすぎて曲がった行動を取りすぎた挙句に正道に戻ることを、許容してもらえました。

しかし現代社会は、その「捻じ曲がった行動」をとることさえも許さない。

するとどうなるか。

「死ぬしかない」。

そういう究極のところまで追い詰められます。

逃げ道も隠れる場所もない、融通の利かない社会なのです。

人身事故が絶えないのはこの為かなと筆者は思っています。

大学でもそれは同じで、大学生が「うつ」で大学辞めたいとか留年したらどうなるのかというと、やっぱり「人生終わりだ」くらいに追い詰められます。

 

管理人とライターについて

【サイトの管理人】
元寺院の住職で、僧侶です。都内に在住。
40年以上、多くの悩み相談を有料のみで受けてきました。(このサイトでは無料です)

【ライター:taki】
平成生まれ、性別は女です。教員免許取得。
スピリチュアルの世界に片足突っ込んでます。

絶望感

大学生は青年期に当たるので、青年期というのはより絶望感などを感じやすいと言われています。

大学生ともなると、高校のときの留年と違って留年、休学は学費のことも絡んできます。

大学を休学することを、「人生終わり」と思う大学生も少なくありません。

「うつ」になるということ

「うつ」になる人は増える一方です。

「スマホうつ」という言葉まであります。

スマホに触れる時間が長いと、気分が落ち込んだりイライラしやすくなったりするというものです。

一人暮らしとsns、暴露と依存の危険あり。自分自身を省みて!」のページでも書いているのですが、SNSに触れる時間が長ければ長いほど、気分不調や「うつ」になりやすいという研究結果が出ています。

大学生のような若者にとって、現代社会は「気分不調およびうつになりやすい環境が整っている」と言えます。

最近は、オンライン授業によって大学生活が「宅浪」のような状態になっていると、大学を辞めたいと苦しんでいる大学生もいます。

家からなかなか出られずに孤独な中で課題をこなさなければならないので、課題がこなしきれず、「うつ」になり大学を辞めたいと思う大学生もいます。

「人生終わりだ」と短絡的に考える人もいます。

うつ病で大学を辞めたい場合や留年する場合

大学生になったら、卒業後は大卒の肩書を使って就職するという黄金コースに乗る人が多いと思うのですが、うつ病とその黄金コースはとても相性が悪いです。

「うつ」であっても、「やっぱり黄金コースが良い」と強がっていると、問題に目をつぶって先に進んだ挙句、精神を完全にノックアウトされます。

あなたの精神はサンドバッグか何かでしょうか?

違いますよね。

精神は潰す為にあるのではありません。

自分の為にあるのです。

留年、中退もまた黄金コースと相性が悪いと見られがちですが、大学生で「うつ」になり留年、大学を辞めたい、「人生終わり」と感じてしまうトリプルパンチを、どうしたら良いのか解説していきます。

うつ病の種類

うつ病には、メランコリー親和性現代的「うつ」とがあり(それ以外にもあるようですが)、メランコリー親和性は投薬治療で治りやすいのに対して、現代的「うつ」は薬では治りにくいとされています。

人によって症状や種類は様々ですので踏み込んだ言及は出来ないのですが、留年はひとまず「うつ」になった際に大学生が困るのが、授業にきちんといけなくなることと、就活の際「うつ病」という既往歴を書くか否か迷う、というところです。

この記事では、大学生活に焦点を絞って書きます。

大学生活への影響

大学生が「うつ」で留年したり、大学を辞めたいと思った場合

  • 留年、中退に加えてうつ病ということで講義への参加が困難。また大学を辞めたいと思ってしまう可能性もある
  • うつ病を考えた時に、アルバイトなどでお金を稼ぐことは難しい。そのため留年したからといってアルバイトやインターンその他自分のためになるはずの行動をしても、心身への負担になると考えられる
  • 留年ということは、奨学金は停止されることを視野に入れる必要がある(奨学金を利用している大学生の場合)

など、考えるべきことが出てきます。

「うつ」は気分が絶望的になるので思考も絶望的になります。

加えて大学を辞めたい、中退の二文字が更に気分を落ち込ませ「人生終わりだ」と思ってしまいます。

頭によぎる、「退学」の2文字

おそらく辞めたい、中退のことも頭をかすめると思いますが、問題を整理して考えるなら「うつ病を治せば留年、大学を辞めたいと思う不安や、人生終わりかもという懸念も解消される」の一言に尽きると思います。

「うつ」を治せば留年、大学を辞めたい原因である「単位が取れない」ということもなくなるし、アルバイトなどにも力を入れることが出来ます。

うつ病を甘く見てはいけない

「うつ」は、自分にプレッシャーをかけるすべての物事が自分へのダメージになります。

葛藤やキャパオーバーなことも噛み砕いて消化することが困難になります。

現代的うつ病の場合は規範などに対してストレスを感じるらしいので、大学の制度やお金に関すること自体にもストレスを感じやすくなります。

「うつ」になったら治すのを優先させましょう。

留年したから人生終わりとか、留年したから大学を辞めたい、どうしようとか、大学を休学したら「人生終わりだ」とか言ってる場合ではありません。

留年しても、なんとかなる

留年になっても逃げ道はあります。

お金に関しては、大学によっては、留年する場合の学費を免除してくれる制度があります。

そういった制度は活用しておきましょう。

留年して、大学を辞めたいと思ったらまず大学側に相談です。

人生終わりでありません。

また、就活の際も、二年間までの留年であれば、新卒の肩書を使うことが出来るので、留年は就活にあまり影響しないと思っていて良いでしょう。

 

「うつ」に関するエピソード

著者のエピソードを書きます。

サークル活動の話になるのですが、とある大学生が遅刻魔で、練習をサボりがちになっていました。

サークル内で、合同練習があったのです。

あまりにも常習的になってきたため、彼は同じ学年のサークルメンバーに言われ、「出禁」処分になりました。

彼としては、サークル自体を辞めたくはなかったようで、こうした処分は不服でした。

しかし他のメンバーから「アイツはサボり魔だ」「約束を守らない」とレッテルを貼られてしまい、メンバー間の陰口も酷くなっていきました。

陰で声を荒げて罵るメンバーがいたので相当でした。(これってよく考えると体の良いいじめだった気がします)

しかし、その出禁を食らった彼は「うつ」だったのです。

彼と直接話して分かりました。

最終的に、彼はサークルを辞めました。

ちなみに高校では留年経験があったらしいです。

もしかすると大学生になる前からそのような気があったのかもしれません。

 

関連記事:サークルの人間関係。友達の数<<<【あなたは何がしたいか】

うつ病を治したいなら

あなたが大学生で「うつ」になったとして、どうしたら治りやすくなるか。

まずきちんと病院に行きましょう。

うつ病のことをきちんと話す

「うつ」を患う人というのは、現代では珍しくなくなってきましたが(これも良くないことですが)、周りの理解を得られないという事実がいまだにあります。

ですから、きちんと周りに話しましょう。

病院に行って診断書をもらい、親にも教授にも、とにかく話しましょう。

留年して、「大学を辞めたい」と思っていることや、「人生終わりだ」と感じていることも包み隠さず話しましょう。

親の反応は特に怖いと思いますが、「うつ」になった場合まず、するべきなのは治療です。

放っておいても良くないことばかりです。

体的にも精神的にも、大学生が理想?と考える黄金コースにそのまま無理して乗れば、乗り切れずに精神が擦り切れてしまいます。

投薬と休養

うつ病の治療には投薬がありますが、休養もとても肝心です。

うつ病にはうつ病を発症させる原因となった環境が必ずあります。

その環境から離れないと、休養にはなりません。

その環境があってうつ病になっているので、そこから離れないと治らないのです。

家庭なのか、それとも大学なのか、それも人によりますが、自分の身を置いていた環境全てから離れる為に、病院に入院して休養するという方法があります。

焦らず治すこと

うつ病がどのくらいで治るのか、というのは人それぞれなので、一概には言えません。

長くかかる場合もあるし、軽度であれば環境を変えただけで治ってしまう場合もあります。

「うつ」治療の三本柱として、投薬・休養・カウンセリングが必要不可欠なので、それこそ留年した分を取り戻したいなら、大学休学して焦らずに治療に専念することが大切です。

完治する希望を持ちましょう。

治療に専念すれば「大学を辞めたい」という苦しい思いから解放されますし、完治すれば、休学する必要もないので「人生終わりだ」という思考もなくなります。

退学や休学について

うつ病で留年した場合、中退や休学も視野に入れると思います。

まず退学ですが、大学中退の取り扱いになるので、最終学歴は高卒になります。

奨学金をもらっている場合、中退ですので返済義務が生じてきます。

返済は手続きを取れば一年間猶予をもらうことも出来ますが、うつ病を抱えているとなると厳しいです。

それまでに治るなら別ですが、返済のために何かしら行動しなければならなくなるので、その分の負担も考えなければなりません。

うつ病は、「うつ」を発症した原因となった場所から離れて休養する必要があると書きましたが、離れるということはイコール退学に直結するとは必ずしも言えません。

大学生という身分をみすみす手放すのは少し考えものです。

退学を考える場合

うつ病の原因が「その大学に通っていた為」であるなら、もちろん中退を考えた方が良いです。

好きで入った大学で、進級や就活にも望みを抱いている場合は、籍を置いておくことをお勧めします。

大卒や新卒狙いの場合も、留年、休学していても籍を置いていればなんとかなります。

大学休学を考える場合

大学休学の場合は奨学金の手続きに際して異動届を提出する必要があり、時期も考えて休学する必要があります。(留年と進級の関係から)

ただ、休学期間は留年と比べると長くうつ病治療に専念できると思うので、その点は留年してそのまま進級に挑むより良いです。

大学休学して治療を中心に生活しよう

大学生なら、休学して治療に積極的になりましょう。

苦しいからって放っておいても、良いことはありません。

まとめ:そう簡単に、人生は終わりません

うつ病で留年又は大学を辞めたいと考えたとしても、大学生はそこで人生終わりではなく、むしろ立ち止まって考える時間が出来たと思って、自分を責めるのではなく労わりましょう。

大学生になるまできっと、無理して頑張ってきたはずです。

今まで自分に無理していたことが大学生になった途端に、何かが切れてしまった。

うつ病になるまで自分を追い詰めていたのなら、大学生の今は休学して「休む」ことを考えてみましょう。

自分の人生を大学生黄金コースに乗せることだけを考えて常に急ぐより、失敗したり悩んだりすることの多い人生の方が、実り多いと思います。

大学を休学することは人生終わりではありません。

大学生がうつ病で留年することも人生終わりにつながるわけではないし、「大学を辞めたい」気持ちも「うつ」が治れば、良くなります。

人生の続きは、いつでも始めることが出来ます。

 

下記記事では、大学を辞めたい大学生向けに、悩みについて詳しく解説しています。

おすすめ記事:大学を辞めたい。やめない策12選【あなたはどうしたい?】

タイトルとURLをコピーしました