大学の勉強がつらいなと思ったときに、考えたいこと

大学生の悩み

大学の勉強ってつらいですよね。

高校とは明らかに違うので、戸惑う人も多いと思います。

勉強がつらい大学生に向けて、この記事では解説をしていきます。

 

管理人とライターについて

【サイトの管理人】
元寺院の住職で、僧侶です。都内に在住。
40年以上、多くの悩み相談を有料のみで受けてきました。(このサイトでは無料です)

【ライター:taki】
平成生まれ、性別は女です。教員免許取得。
スピリチュアルの世界に片足突っ込んでます。

大学の勉強、つらいですよね

専門的な分野を深く掘り下げて勉強しなければならなくてつらいとか、アルバイトやサークルとの両立がつらいとか、遊びも楽しみたいけれど「勉強しなくちゃいけない」からつらいとか、そもそも大学で何のために勉強してるのだっけと思ってしまってつらいとか、様々理由はあると思います。

 

大学の勉強というのは高校の時のように塾や予備校があるわけではないので、その分野に関して理解を深めるためには自分で参考書や入門書を購入して「自学自習」のようにすることが多くなってくると思うのですが、それは高校の時から「この大学に入ろう」と目標を持って頑張って来た人のモチベーションであり、目標もなく大学に入学をした大学生にとってはつらい、苦痛以外の何物でもないと思います。

筆者の周りでも、受験があけて大学に入学したら燃え尽きてしまった人が何人か居ました。

 

「大学に入学することがゴール」になっているとそうなりやすいと思うのですが、今必要なのは大学での勉強がつらい状況を何とかすることです。

やりがい

勉強以外でもそうですが、「やりがいがある」という感覚はとても大切だと思います。

好きなこと、楽しいこと、いろいろあると思いますが、「やりがいがある」ことをすると、人生が豊かに感じませんか?

大学の時間割

大学では基本的に時間割を自分で作ります。

自由な時間を作ることも出来るし、全て自己責任です。

必修もあると思いますが、選べる講義もありますし、大学ではいろんな勉強が出来ます。

やりがいを感じたら、勉強する

いろんな勉強の中で「やりがいがあるな」と思える勉強が出来れば、つらい以上に大学に通っている意味があると思います。

もちろんやりがいを感じるまではつらいです。

 

自分なりに乗り越えた時に「やっぱりこの分野はダメだ」と思うのならそれまでだし、「つらいけど、やってよかった!」と思うなら研究対象にする価値があります。

 

大学では単位を取らないといけないので苦手な分野でも点数は取らないといけないのですが、興味があったり、やりがいがあるなぁと感じた講義こそ、試験に注力すると良いと思います。

 

高校までは、勉強は一応全教科そこそこ点数を取れないとダメでした。

英数国理社全てにおいて点数を取り、合格ラインに乗せて行かないとダメでした。

そういう恐怖が染みついていて、「最低限出来ればいいや」という発想にはなかなかいかないかもしれませんが、勉強でもサークルでもアルバイトでも、「つらいけど、しなきゃいけないから」でやるより、「つらいよりも、やりがいがある」と感じてやった方が、今後の人生楽しいです。

 

大学生は高校生とは違います。

興味のある分野ややりがいを感じる分野こそ、徹底的にやるという機会を逃しちゃいけなくて、興味のないものは最低限やれたらそれで良いのです。

 

大学では、つらい勉強やしたくない勉強、やらなきゃいけない勉強は最低限頑張って、興味がある、やりがいを感じる勉強は主席でいく!という感じで頑張れたら、楽しいと思います。

勉強をするときは

勉強なんて…と思っていたら勿体ないです。

一人で勉強するのがつらい時は、誰かと一緒に勉強すると、モチベーションが上がります。

モチベーションというのはとても大切で、特に維持するためには気持ちから改造する等努力も必要です。

 

一人で何かを探求していくのが好きな人と、他の人と協力し合いながら探求するのが好きな人がいると思うので、一人で勉強するのがつらい場合は恐らく先に述べた二択のうち後者だと思いますから、誰かを誘って勉強してみましょう。

自主的に求める

そもそもやりがいとかないし、大学だってなんとなく入ったし、という人には、自主的に何かを求めていく姿勢が足りません。

大学生ならまだまだ取り戻せますから、「誰かに与えてもらうのを待つ」のではなく、自分の力で生産性を上げていくことを目標にしましょう。

仕事でもそうした能力は必要になってきます。

仕事は勉強以上につらいです。

 

やりがいがある仕事なら、自分の成長機会になります。

生産するか、消費するか

子供から高校生くらいまでは、「与えられたものを消費する」だけでも良いのですが、社会に出るということは「消費した分を生産していく」ということなので、生産側に回る場合には自分で求めて追及したり興味があることを探して深めて行ったりしながら、自分の能力で何かを生み出す力が必要になります。

物を売る、情報を伝える、創作物を作る、サービスを提供する。

生産行為は様々な形で行われています。

そしてそれを、今度は自分が行う側に回るのです。

勉強から生産する

勉強も同じで、高校生までは「与えられた勉強を消化吸収する」だけでも通用しましたが、大学生からは「勉強を通して新たな理論や学びを創作し検証する」、つまり勉強を通して自ら何かを生産することになるので、そう考えるとそりゃ大学では勉強も難しくなるし、つらいのは当然かもしれません。

生産するというのは赤ちゃんを産むくらい、スイカを鼻の孔からひねり出すくらい大変なことなので、つらい気持ちとは切っても切り離せないと思います。

頑張る自分を褒めて、つらい気持ちをモチベーションに変えましょう。

きっとその姿勢に評価は後から付いてきます。

自分に勝つか、相手に勝つか

勉強にはいつでも評価や判定がついて回りますが、大学の勉強を「点数を取るために頑張る」方式でやってしまうと、つらいことになります。

丸暗記や定石を押さえていれば、という勉強は高校までで、大学の勉強は一歩踏み込んで「理解してそこから発見する」ことが必要になってくるからです。

 

勉強以外でもそうですが、例えば自分の中で「人生ってこういうものだよな」という定着した考えってありませんか?

それは、あなたが今まで生きている中で見て聴いて体験して成功したり失敗していく中で、つらい、嬉しい、怒りなど、いろんな感情体験をした後ある種の「法則」のようなものを理解したから考えとして持っているのであって、「法則」を発見するまでに時間もかかっているはずです。

大学生なら、少なくとも18年かかっている。

 

人によりますが、理解というのにも時間が必要ですし、その間つらいなと思うこともあります。

探求心が試されている

勉強は人生と違って机に固定されてしまうのが基本ですが、高校の丸暗記が通用しない分、理解までに自分と格闘することになるので、どれくらい勉強したら休む、ノルマを決めて達成出来たら自分に甘くするなど、丁度良い戦闘態勢を常に維持できるように工夫しましょう。

 

高校生の頃は、大学受験のためにクラスの平均点や同級生の成績、模試の判定など、何か越えたいものや負かしたい「競争相手」がいて、それに勝つ!という感じで勉強してきた人もいると思います。

 

人生論みたいなことを書きますが、一番勝って負かさなくちゃいけないのは自分自身です。

大学の勉強は「いかに理解して探求して自分なりに理論や新発見をして、発表するか」にかかっているので、戦う相手は「探求しないであきらめる自分」だったり「勉強がつらいと思っている自分」なのです。

 

大人になっても「誰かより私の方が優れていた」なんていう人は沢山いますが、その人は競争相手を間違えています。

競争相手は自分です。

 

大学の勉強はつらいけれど、そのつらい中をどこまで自分と戦えるかで、その後の人生変わって来ると思います。

勉強する時間の確保

さて、ここまで書いてきて、取り上げていないのが「時間」の問題です。

大学の勉強は探求して、掘り下げて、理解して、自分自身でも発見する。

そのためには時間もかかります。

そして時間が必要です。

 

なぜ、大学の時間割は自己管理に任されているのでしょうか?

それは、自由な時間と思われているその時間を、勉強や研究に充てるためなのです。

そしてその自由な時間を、アルバイトなどに充てている人も多いです。

大学は、学びたい人のための場所

以前筆者は、大学の教授の元へやってきて修行および勉強させてもらっている社会人を見たことがあります。

恐らく、何らかの伝があってのことなのでしょうが、大学ってやっぱり「自ら学びたいと思う人が集まる場所」なのだなと感じました。

 

社会人は大学生よりも時間がありません。

拘束時間が長く、毎日の仕事に忙殺されるので、仕事以外の時間を生み出すためには時間の使い方の感覚を身に付けていないといけません。

 

社会人になると、時間の作り方が上手い人と下手な人とで歴然とした差が出てきます。

筆者の見た社会人の彼女は、その忙しい合間を縫って教授の元へ通っていたのでしょう。

 

高校までは、義務教育として先生から生徒へ否が応でも勉強を「与える」という感じで、高校生まではそれを受け取るだけでも良かったのでした。

しかし大学ではそれがシフトして、義務教育は与えないけど時間は与えるよ、という感じなのかなと思います。

「時間がない!」を考え直す

アルバイトをしている人は大学の自由な時間をそちらへ振り分けていると思いますので、当然「時間がない!」と思っているでしょう。

ですが今は、社会人ではなく、アルバイターとしてシフトを動かすことが出来ます。

 

働く業種によっても違いますが、大学生は基本的にアルバイト先に生活すべてを拘束されるいわれはありません。

社会人との違いをしっかり自覚する必要があります。

 

アルバイト先の拘束がひどいのだったら、つらいだけですし働く先を考え直す必要があります。

大学生の自由な時間は勉強や研究に充てられるためにあるので、アルバイト先にはあなたの勉強や研究を制限する権利はありませんし、アルバイト先にその権利を渡すように動くべきでもありません。

 

大学の学費を自分で稼がなくてはならない人も、複数掛け持ちしているなら給料の良いアルバイトへ統一して時間を生み出しましょう。

本来与えられている自由な時間を「取り戻し」ましょう。

アルバイト先の言いなりになるのではなく、自らの工夫が必要不可欠です。

 

言いなりになるのは楽ですが、自発的に動くときに余計につらい思いをするだけです。

言いなりになることに慣れるのではなくて、行動することになれましょう。

大学で勉強するのは、何のため?

子供の頃好きだったことっていつまでも大切で、そこを根っことして「大人になった時に何をしていたいか」というのが幹になり枝になり葉になっていきます。

 

親から止められたり、友達に馬鹿にされたりして日の目を見ないまま枯れてしまった思いもあるかもしれませんが、大学生の今だからこそ掘り起こしてみることをお勧めします。

モチベーションの場所

物事に対する熱量っていうのは、「誰かに何か言われたから」止められるようなものではないし、それが親であろうと世間の目であろうと友達であろうと、熱量はそのまま熱量なのです。

冷めたような気がしているのは気のせいです。

それが道しるべになってくれるのですから。

 

大卒の肩書を利用して就職するのが目的で大学に籍を置いているのと、もうちょっとモラトリアム期間が欲しいからなんとなく大学に籍を置いているのと、将来やりたいことをするために大学に籍を置いているのとでは、勉強に対するモチベーションも違いますよね。

勉強がつらいと思うのは悪いことではないですが、つらいと思う根本的な原因は「何のために大学に入学したのか」という大本にもあると思います。

 

第一志望ではなかったとか、浅い考えで入学してしまったとか、さまざまあると思いますが、「あなたは何のために勉強したいのか」を考え抜かないと、大学の自由な雰囲気に飲まれて勉強もだらけてしまって、無為な時間を過ごすことになります。

自分の課題を、自分で見つける

課題というのは高校までは与えてもらって当たり前でしたが、本当は課題というのは自分で見つけて解決するものです。

筆者が高校生の時、医学部や理系の学部を目指している子が多かったのですが、その中の一人は高校生がやらないような問題集にまで手を出して、分からないところを積極的に先生に質問しに行くような子でした。

その時の彼女の表情は、とても生き生きしたものでした。

 

当時の筆者は与えられた課題をこなすのに漫然としていましたが、いつも課題を見つけて質問しに行くその子は綺麗でした。

同性なので恋をしたわけではありませんが、その子の生命力が溢れていたのが素敵でした。

 

自分の課題というのは自分にしか解決できない。

答えを見つけられなくて、つらい時に誰かに助けを求めてもその助けは表面的なものにしかなり得ず、後は自分の力でやるしかありません。

 

そこまでの熱量を大学の勉強に向けられるのか?

大学で自分はどうなっていたいのか?

 

大学の勉強がつらいと思ったときは、一度自分を振り返ってみましょう。

本に触れる

教授の授業だけで理解できないのなら、大学の購買や図書館の本にお世話になりましょう。

日本の大学生は本を読まないと言います。

 

沢山の本と触れ合えるのも、社会に出る前では大学生が最後です。

勉強のために、積極的に動いてみる

同じ学部やゼミ、研究室の人と助け合って勉強したり、教授に直々に質問しに行くのも良いです。

勉強はつらいけど、とにかく自分の中に落とし込むためにいろいろな工夫は出来るはずです。

受け身にならない

もし将来の為に「これは違うな」と思ったら、いっそ「自分が食べていくため」の勉強をするのもアリです。

起業、資格、留学、いろいろあると思います。

でも肝心なのは、あなたという人間は何に魅力を感じるのか、やりがいを感じるのかということであり、他の誰かに言われたから、で勉強していても大学の勉強は役に立たないだろうということです。

 

受け身ではなく、一人でも自発的に「やりたい!」と思えることは何なのか。

つらいと思っても大学に居続けて勉強したいのか。

「安定した職業に就くため」「親に言われたから」「とりあえず」これらはみんな受け身です。

いずれ気持ちにぼろが出て、荒んできます。

後からつらい気持ちになります。

 

大学生の今だからこそ、勉強のつらい今だからこそ、考えてみましょう。

最後に

勉強がつらい状況を、乗り越えるのはあなた自身です。

受け身ではなく、能動的に。

やりがいを感じる勉強を積極的に。

結果は後からついてくるので、諦めないでください!

 

下記記事では、大学を辞めたい大学生向けに、悩みについて詳しく解説しています。

おすすめ記事:《コロナ禍》大学を辞めたい理由と打開策12選【教員免許取得者執筆】

タイトルとURLをコピーしました