女子大学生の不登校は甘えが原因?大学での体験談と、気持ち別の解決策

大学生の悩み

大学で不登校になって休学した。これは甘え?

自分の不登校で、親や周りの人を悲しませている気がする

「早く大学に行け」と言われているけど、体が動かない。どうすればいいか分からないから、他の人の体験談を見てみたい

大学を不登校になったら、休学か退学かしか道はないの?

 

大学生の不登校。

今まで不登校なんて、なったことないのに、大学で不登校になっちゃって、本当にどうしよう……

そんな女子大学生も、少なくないのではないでしょうか。

 

taki
taki

大学生の不登校を甘えと捉える人もいますが、果たして本当に甘えなのでしょうか?

甘えだとしても、そんなに軽く片付けていいものなのでしょうか?

ライターのtakiです。

 

本人も周りの人も、大学の不登校を甘えとして、簡単に捉えがちです。

「休学」「退学」すればいいのか?

しかし、それで不登校が解決するかと言ったら、そうではありません。

この記事では大学生の不登校に対して、個人の「気持ち別」に解決策を提示し、ご紹介しています。

 

不登校になっている女子大学生にお伝えしたいことは

  • 自分の不登校を、そのまま受け止めてくれる、味方を見つけよう
  • 「退学して働け」「大学に行け」という一言は、解決への一歩につながるとは限らない
  • 自分の「状況」ではなく、自分の「気持ち」に焦点を当てて、解決策を見つけよう

上記3つです。

 

また、この記事では大学生が不登校する理由や、大学生の不登校と甘えの関係についても、詳しく解説していきます。

上記内容でお送りします。

 

管理人とライターについて

【サイトの管理人】
元寺院の住職で、僧侶です。都内に在住。
40年以上、多くの悩み相談を有料のみで受けてきました。(このサイトでは無料です)

【ライター:taki】
平成生まれ、性別は女です。教員免許取得。
スピリチュアルの世界に片足突っ込んでます。

では、記事内容に入っていきましょう。

「気持ち別」の解決策 ― 大学生の不登校を解決する方法

不登校の解決策として、「退学して働く」「大学に再び通うことが出来れば、それで解決」という捉え方が多いですが、ここでは不登校になっている大学生の「気持ち」に焦点を当てた解決策を、ご紹介していきます。

 

上記8つの場合の、解決策をご紹介します。

大学生で不登校になっても、「大学に行きたい」場合

大学で不登校になっていても、

  • 大学に再び通えるようになりたい
  • 大学に行きたい

という場合があります。

 

大学で不登校になっている中で、このパターンは比較的不登校を改善できる、回復の見込みがあるタイプです。

大学に行きたいという意欲があるので、大学で再び自分の居場所を見つけることが出来れば、それを目標に大学へ通うことが出来るからです。

 

不登校になっていて、現在大学に行けない状態でも、大学での居場所を見つけるための行動は出来ます。

  • 「なぜ自分は大学に行きたいのか」ということ、自分の考えを精査し直し、書き出してみる
  • 友達に会いたい、大学構内の空気を吸いたい、学食を食べたい。など、小さい目標でも良いので書き出してみる
  • 「親に申し訳ない」というような、自分以外への気遣いを除く。自分が大学に行きたい理由のみ書き出す

 

大学生活の中で、自分にとっての居場所を一つでも見つけることが出来れば、自然と大学に足が向くはずです。

また、「大学で不登校になって、親に申し訳ない」と思うのではなく、「大学に行きたいんだ」という意志を親に伝えて、味方になってもらいましょう。

味方になってもらえれば、大学に行けるようになるまで待ってもらうことも出来ます。

 

▽大学を不登校したら、親に言えない人も多いですよね▽

大学での不登校、親に言えない人も多い

 

▽大学での不登校、親に言えない場合や、休学・退学に関する体験談はこちら▽

【体験談】大学で不登校になって、親に言えない……。

大学を不登校している大学生の体験談【休学・退学編】

 

  • 今の大学でなくても良いから、大学に通いたい
  • すぐに何かを学ぶことを開始したい

「大学に行きたい」という中でも、上記のようなパターンは、今の状態でも通えるような大学や専門学校を探すところから始めることを、おすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました