女子大学生の不登校は甘えが原因?大学での体験談と、気持ち別の解決策

大学生の悩み

大学生の不登校に対する、一般的な解決策

この章では、大学生の不登校を解決する上で、方法としてよく取り入れられているものをご紹介します。

上記3つです。

誰かに打ち明けてみる

大学生の不登校に対する一般的な解決策として、まず「誰かに打ち明けてみること」があげられます。

大学で不登校になっていることをひた隠しにする人もいますが、隠すことで不登校になる大学生特有の罪悪感が噴出し、ますます動けなくなってしまいます。

 

不登校の状態を誰かに打ち明けることは、とても大切です。

 

  • 友達
  • 高校の友人
  • 大学のカウンセリングルームの相談員
  • 信頼できる支援機関
  • 腹を割って話せる人

例をあげましたが、大事なことは「不登校を受け止めてくれる人」に話をすることです。

専門家を頼る

大学生の不登校に対する一般的な解決策に、専門家を頼ることがあげられます。

 

  • 公的な支援機関
  • 病院の先生
  • 栄養指導の先生

上記のような専門家からアドバイスをもらい、生活改善を図っていくパターンです。

大学の不登校向けの公共支援機関については、下記のリンクで詳しく解説をしています。

>> 大学で不登校になっている人向け、支援を行っている所は?

いろいろ調べてみる

誰かに打ち明けたり、専門家を頼る他にも、自分自身でいろいろ情報収集することが大切です。

情報を集めていくと、

  • 不登校を改善するために、無理せず自分で出来ること
  • 大学以外の活動の場
  • 自分のやりたいことの再発見
  • ネット以外の、啓発書・啓蒙書ではない、自分の心に刺さる本との出会い
  • 励ましになる映画との出会い

など、自分にとって有益な情報との出会いがきっとあります。

今の時代は情報が山ほど溢れているので、ピックアップする能力さえあれば、情報を有効活用することができます。

 

ただ、承認欲求であふれている個人のブログや、SNSを閲覧することは、おすすめできません。

彼らのエゴによって、不登校の傷が深くなってしまう可能性があるからです。

見ていても時間の無駄なので、自分にとって有益な情報のみ、見るようにしましょう。

家から無理矢理出なくても、有益な情報を元に「自分に何が出来るのか」を考えるところから、始めましょう。

▽関連記事▽

大学で不登校になると、知恵袋を頼る人も多い

大学生の不登校と、コロナの影響

コロナにより、多くの大学生がオンライン授業を余儀なくされました。

その中で大学を休学・退学する大学生もいたり、オンライン授業に馴染めず孤立を感じて苦しむ大学生がいた一方で、不登校やうつの大学生にとっては恩恵もあったようです。

下記リンクで、詳しく解説をしています。

>> 大学生の不登校と、コロナの影響

 

▽不登校の体験談へのリンクです。不登校の悩みにも、いろいろあります▽

【体験談】「大学で不登校になるのは、甘えているかもしれない……」

コロナ禍での、大学生の不登校体験談

いじめのトラウマが抜けず、大学を不登校になっているパターン

【体験談】大学で不登校になって、親に言えない……。

大学で不登校になっている、うつの学生の体験談

【体験談】大学を不登校になったので、支援機関を使ってみたけど……

大学を不登校している大学生の体験談【休学・退学編】

まとめ

taki
taki

今回は、大学生の不登校について、解説をしました。

 

この記事で、不登校になっている女子大学生にお伝えしたいことは

  • 自分の不登校を、そのまま受け止めてくれる、味方を見つけよう
  • 「退学して働け」「大学に行け」という一言は、解決への一歩にはならない
  • 自分の「状況」ではなく、自分の「気持ち」に焦点を当てて、解決の道を見つけよう

上記3つです。

 

「とりあえず不登校している大学生が、大学に再び通えるようになれば、解決」という考え方、認識が根強いです。

表面上の行動はそうかもしれませんが、不登校になった大学生の気持ちや本質をなおざりにし、また不登校に逆戻りする、というパターンもあります。

 

記事内でもご紹介しましたが、不登校を乗り越えることと、誰かに追い立てられて不登校を「乗り越えた」気になるのとは、全く意味が違います。

 

不登校の解決は、「大学に再び通えるようになること」だけではありません。

個人個人の気持ちから行動を引き出すことが、とても大切です。

まずは味方と居場所の確保を、最優先させましょう。

 

下記記事では、大学を辞めたい大学生向けに、悩みについて詳しく解説しています。

>> 《コロナ禍》大学を辞めたい理由と打開策12選【教員免許取得者執筆】

タイトルとURLをコピーしました